ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

吹きつける強風を制したのは上原彩子ら沖縄勢!

国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」が、高知県の土佐カントリークラブで開幕した。初日、首位に立ったのは8アンダーをマークした上原彩子。11番からの3連続をふくむ8バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフだった。

5打差の3アンダー単独2位は新崎弥生。地元沖縄で行われた開幕戦は体調不良のため欠場した新崎が、その鬱憤を晴らすかのような好スタート。さらに1打差の2アンダーに韓国の黄アルムが続いている。注目選手では古閑美保が1オーバー13位タイ、横峯さくらは2オーバーの19位タイとなっている。

<< 下に続く >>

<今やってることを早く100%にしたい>

「危ないっ!」というギャラリーの叫びと共に、10番ティ後ろに看板掲出用に設置された巨大なスチールゲートがなぎ倒された。柱が男性ギャラリーのリュックを巻き込み、その勢いで男性は転倒。救護室から近くの病院に運ばれたが、幸い骨に異常はなく、右肩の軽い打撲と診断された。主催者を青ざめさせたこの事故を引き起こしたのは、最大瞬間風速15.3mを記録した強風だった。

朝のうちは穏やかだったが、徐々に風が強くなる。コース中で吹き荒れる風に多くの選手が手を焼いたが、そんな中、コースレコードを3打も更新する「64」を叩き出したのは開幕戦で2位タイに入った上原彩子。「コツみたいなのは無いですけど、ずっと沖縄の風の中でやっているので、嫌という感覚はないです」と、ひとり涼しい顔で笑った。

現在、スイング改造中だという上原は、「今は色々直しているので、スコアとか結果にこだわらないでやっている」とマイペース。今年契約したばかりのBS社製のクラブは「抑えて打ったり、右からの風の時に気持ちフェードで打ったりというイメージが出しやすい」と、好マッチングで、この日アプローチをしたのは僅かに1回。さらに今週から使い始めたというパターも「イメージ通りに転がってくれる」と、8バーディノーボギーの快進撃につなげた。

奇しくも、1位上原、2位新崎、そして4位タイの諸見里しのぶと沖縄出身者が上位を占めた。今大会のホステスプロ、原江里菜はノーバーディ5ボギーの「77」。通算5オーバーの64位と苦しい初日となった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!