ニュース

国内女子サロンパスワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

K.ウェブと全美貞が一歩抜け出す!さくらは5打差の7位タイ

東京都にある東京よみうりCCで開催される、国内女子ツアー第7戦「サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント」の3日目。前週に続く2連勝を狙う全美貞と、大会3勝目を狙うカリー・ウェブ(オーストラリア)が通算5アンダーで首位タイに並んだ。

首位タイに5人が並ぶ前日の混戦から一歩抜け出し、優勝候補の本命とも言える2人が首位タイに名を連ねた。

<< 下に続く >>

前日に引き続いて快晴に見舞われ、予選ラウンドに吹き荒れた風もない穏やかな天候。しかし、日に日に硬くなるグリーンが選手たちのスコアメイクを苦しめ、混戦を抜け出す選手が出てこない。そんな中、首位タイでスタートしたウェブはスコアを着実に2つ伸ばし、通算5アンダーフィニッシュ。一方、前週の優勝で勢いに乗る全美貞は、この日ただ一人60台となるベストスコア「69」をマーク。6位タイから首位タイに順位を上げ、明日の最終日を迎える。

2打差の通算3アンダー単独3位には、この日イーブンパーで耐えた上田桃子。17番でボギー、最終18番パー3もグリーンをオーバーしてピンチに陥りかけたが、「明日は最終組に入りたかった」という執念で、何とかパーをセーブ。優勝圏内をキープしたまま、最終日最終組の権利を手にした。他に首位タイでスタートした3人のうち、飯島茜はスコアを2つ落として通算1アンダーの5位タイ。横峯さくらは8番パー3のダブルボギーが響いて通算イーブンパーの7位タイ、福嶋晃子は「76」を叩き通算1オーバーの9位タイと順位を落とした。

有力選手では、不動裕理が通算1オーバーの9位タイ、大山志保が通算3オーバーの12位タイ。アマチュアの金田久美子はスコアを1つ落とすに留め、通算4オーバーの19位タイで持ちこたえている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!