ニュース

国内女子西陣レディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

リ・エスドが単独首位発進!一ノ瀬、若林らが1差を追う

◇国内女子◇西陣レディスクラシック初日◇熊本空港カントリークラブ(熊本県)◇6482ヤード(パー72)

難コースを相手に「69」をマークしたリ・エスド(韓国)が、3アンダーの単独首位とツアー初勝利へ好スタートを切った。1打差の2位タイに藤野オリエ一ノ瀬優希若林舞衣子、そして韓国のイ・ボミ宋ボベがつけている。

有村智恵茂木宏美ら5選手が首位に2打差の1アンダー7位タイとまずまずのスタート。横峯さくらは、斉藤愛璃らと並び2オーバーの31位タイ。昨年大会を制した不動裕理は3オーバーの43位タイと、やや出遅れた。

<手負いの一ノ瀬、地元・熊本県勢トップの2位タイ>
地元勢期待の1人として出場している一ノ瀬は、先週の「スタジオアリス女子オープン」初日を終えて棄権を表明。開幕戦から痛めていた左手親指の付け根と、2週前に痛めた左ひざの影響が重なり、「3日間プレーできない」との判断だった。今週、地元で迎える大一番に備えて、棄権した金曜日中に熊本に帰郷。日曜日まで完全休養とし、治療に注力した。その甲斐あって、「先週よりは良い感じになった」とプレーに支障がないところまで回復。「難しいコースだし、アンダーが出ればいいと思っていた」という目標を満たす2アンダーでホールアウトし、首位に1打差の2位タイという絶好のスタートへと繋げた。

「(地元という気持ちは)強いですね。応援してくれる人も多いし、その人たちの前で優勝することが一番の恩返しだと思っています」と一ノ瀬。1アンダーで迎えた最終18番では2.5mのバーディパットを沈めてガッツポーズ。ギャラリーの大歓声を一身に浴び、笑顔で充実の18ホールを終えた。「ギャラリーが多い方が楽しいし、気持ちもぜんぜん違う」。手負いの身ながら、ホームの利を余すことなく自らの追い風に変え、ツアー初勝利を地元で飾るべく2日目以降も邁進を続ける。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 西陣レディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。