ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プロ入り12年目、西塚美希世が悲願の初V!横峯さくらは2位タイに終わる

沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で開催されている、国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」の最終日。プロ入り12年目の西塚美希世が、横峯さくら大山志保、呂雅恵の追い上げを振り切った。

単独の3位からスタートした西塚は、パーが続く静かな滑り出しとなった。前半は安定した内容で2つのバーディを奪取。優勝争いに名のりを挙げた。後半に入ると、12番から連続バーディを奪ってスコアを伸ばしたが、初優勝へのプレッシャーからか14、16番ではボギーを叩き大接戦に。しかし最後はパーでまとめ、この日を3アンダー、通算8アンダーでフィニッシュ。プロ入り12年目にして悲願の初優勝を遂げた。

追い上げを見せた横峯だったが、2番でボギーを叩き苦しい展開での発進となった。しかしその後は、チップインバーディを決めるなど、すぐに連続バーディを奪取し、巻き返しに入った。だがその後は、なかなかバーディが取れず我慢の展開が続き、結局3つ伸ばしたものの、優勝には1打足らず、通算7アンダー、大山志保、呂雅恵(台湾)らと共に2位タイで大会を終えた。

注目の諸見里しのぶは、バーディで発進するも、パットに苦しみその後連続ボギーを叩くなど、出入りの激しい1日となった。結局1つスコアを落としてしまい、通算1アンダーの15位タイに終わった。また、女王不動裕理は、最終日追い上げを見せ3つスコアを伸ばし、通算4アンダーの6位タイに入っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。