ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ルーキー石坂友宏と大槻智春が首位タイで最終日へ 金谷拓実1打差

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目(21日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

ツアー初優勝を目指す21歳の石坂友宏が7バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「68」でプレー。通算12アンダーで大槻智春と並んで、首位で最終日に臨む。

<< 下に続く >>

石坂は昨年末の予選会(QT)を突破してプロ転向した日本ウェルネス大3年の学生プロ。優勝すればスペインのセベ・バレステロス(1977年大会/20歳)に次ぐ大会2番目の年少優勝記録となり、松山英樹(2014年大会/22歳)を抜いて日本人最年少となる。

「66」で回った大槻智春は2019年「関西オープン」に続くツアー2勝目がかかる。「すごく良い内容で出来ている。残り3、4ホールで(優勝を)意識しようかなといううイメージなので、そこまではこの3日間と同じようなゴルフをしていこうかなと思っています」と虎視眈々。

金谷拓実は4バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算11アンダー3位。木下稜介が通算10アンダー4位で続いた。

前週「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制した香妻陣一朗重永亜斗夢と並んで、通算6アンダー15位につけた。

石川遼は「67」で回り、通算5アンダー17位で3日目を終えた。

<上位成績>
1T/-12/石坂友宏大槻智春
3/-11/金谷拓実
4/-10/木下稜介
5T/-9/稲森佑貴ガン・チャルングン
7T/-8/星野陸也谷原秀人
9T/-7/J.デロスサントス時松隆光池田勇太永野竜太郎チャン・キム出水田大二郎

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!