ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

白とS.コンランが首位! 高山が1打差、石川が4打差で追う

◇国内男子◇中日クラウンズ 3日目◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(愛知県)◇6,545ヤード(パー70)

一時は5打差をつけて独走態勢を築いたスティーブン・コンラン(オーストラリア)だったが、後半アウトの上がり6ホールで4つのボギーを叩き失速。この日3つ落とし、逆に3つ伸ばした白佳和と通算6アンダーで首位に並び、明日の最終日を迎える。

7打差を追ってスタートした高山忠洋は5バーディ、2ボギーと3つ伸ばし、通算5アンダーの単独3位に浮上。通算4アンダーの4位タイに、この日のベストスコアとなる「63」を叩き出した野中茂、河合博大ら4人。石川遼は出入りの激しい内容ながら2つ伸ばし、通算2アンダーの12位タイに続いている。

高山忠洋青木功の助言「砂場で遊べ」>
難関・和合で予選ラウンド2日間をいずれも「69」でまとめた高山。ムービングデーの3日目は「67」とスコアを3つ伸ばした。目玉”となったバンカーからの第3打をチップインさせた3番から勢いに乗り、一気に3連続バーディ。さらに8番で残り131ヤードの第2打をピッチングウェッジでピンそばにつけ、前半で4つスコアを伸ばした。後半インでは最終ホールのボギーを含む1バーディ、2ボギーとしたが「最後のボギーは悔しいけれど、予定通り優勝争いに残れた。良い位置」と納得顔で振り返った。

年間2勝をマークした昨シーズンは賞金ランキング2位に輝く活躍ぶり。その躍進の一方で、近年は打球が高くなり、バンカーに入ると“目玉”となるリスクが大きくもなっていた。思い出したのは以前、青木功から受けた「お前は砂遊びが足りない」という助言。今週はあえてバンカーショットの練習を増やしたところだった。

最終日を迎えるにあたって、トップに1打のビハインドも、むしろ歓迎。「ここでリーダーに立つには精神的にタフでないと」と追いかける立場での最終組でのプレーは望むところ。「明日は最後まで噛み付くくらいの感じでやりたい。一打、一打、魂を込めて打っていく」。今夏に誕生予定の第一子、そして愛妻・梢夫人に今季初勝利を捧げたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。