ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

海外勢が躍進! 久保谷がイーグルで追いすがる

宮崎県にあるフェニックスカントリークラブで開催されている、国内男子ツアー第22戦「ダンロップフェニックストーナメント」の3日目。シビアなピンポジションにより全体的にスコアが伸び悩む中、決勝ラウンドに入り海外招待選手がいよいよ本領を発揮してきた。

4位タイからスタートしたエドアルド・モリナリ(イタリア)が2ストローク伸ばし、通算8アンダーの単独首位に浮上。通算7アンダーの2位タイには、7位タイスタートのロバート・カールソン(スウェーデン)が浮上し、昨年の欧州ツアー賞金王が優勝争いに名乗りを挙げた。もう1人の2位タイは、首位からスタートした久保谷健一。首位から陥落したとはいえ、最終18番パー5では7メートルのイーグルパットを捻じ込み、明日の最終日へと繋げるフィニッシュを見せた。

通算5アンダーの4位タイには、宮本勝昌金庚泰(韓国)、高山忠洋小田龍一前田雄大の5人。片山晋呉ら5人が、通算3アンダーの12位タイで続いている。石川遼は序盤からショットが安定せず、ボギーが先行する苦しい立ち上がり。それでも後半に巻き返して「71」のイーブンにまとめ、ビジェイ・シン(フィジー)らと並び通算1アンダーの20位タイにつけている。

石川と賞金王争いを演じている池田勇太は、終盤の3連続ボギーが響き、通算6オーバーの56位タイと浮上のきっかけを掴めずにいる。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。