ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

最終ホールのバーディで決着! 片山晋呉が混戦を制す!

千葉県にある袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースで開催されている、国内男子ツアー第19戦「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」の最終日。首位タイからスタートした片山晋呉が後続を1打差でかわし、通算18アンダーで今季2勝目を達成。初日から続いたバーディ合戦を制し、その強さを改めて誇示する大会となった。

最終組からスタートした片山は、前半で3つのバーディを重ねて単独首位に躍り出る。しかし、その後はスコアが伸び悩む展開が続き、その間に深堀圭一郎と近藤智弘に追いつかれ、横並びの混戦模様となる。最初に均衡を破ったのは深堀。16番でバーディを奪い、通算18アンダーで単独首位に立つ。続けて近藤も16番でバーディを奪い、通算18アンダーに並び後を追う。しかし、深堀は最終18番パー5で第2打を池に打ち込むなどしてボギー、近藤も17番でボギーを叩き、通算17アンダーでフィニッシュ。同スコアで最終18番を迎える片山の結果待ちとなった。

10番から17番までパーが続いていた片山だったが、ここで優勝を決める劇的なバーディを奪取。終盤でスコアを崩した深堀と近藤に対し、ここ一番での勝負強さを発揮した片山が今季2勝目、ツアー通算23勝目を飾った。

通算17アンダーの2位タイには、深堀、近藤に並び、スティーブン・コンラン(オーストラリア)が食い込んだ。首位タイからスタートした今野康晴は、通算16アンダーの単独5位に後退。今季2度目の2週連続優勝がかかっていた谷口徹は、通算11アンダーの18位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。