ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

上田諭尉が単独首位をキープ! 尾崎将司は17位タイに後退

三重県の東建多度カントリークラブで開催されている、国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」の3日目。4打差の単独首位でスタートした上田諭尉が、スコアを3つ落としたものの後続に3打差をつける通算8アンダーで首位の座をキープした。

前日までとはうって変わり、スコアを落とす選手が続出する展開。最終組の上田もその流れに逆らえず、14番までノーバーディ。スコアを4つ落とし、後続との差を詰められる不穏な空気が流れた。しかし16番、17番の連続バーディで盛り返し、通算8アンダーで単独首位の座を死守。悲願のツアー初勝利をかけて、明日の最終日に臨む。

<< 下に続く >>

通算5アンダーの単独2位には、この日ただ一人60台をマークした武藤俊憲。3バーディ1ボギーの「69」とし、前日の14位タイから一気に急浮上した。続く4アンダーの3位タイには、今季アメリカのシニアツアーにも参戦している室田淳、韓国の新鋭ドンファンら5人が並んでいる。

7アンダー2位タイからスタートした深堀圭一郎は、5番以降8ボギーを叩く乱調ぶり。通算1オーバーの17位タイに後退した。また、首位と6打差の5位タイからスタートした尾崎将司も、この日は序盤からボギーが先行する苦しい展開。1バーディ7ボギーの「77」を叩き、深堀と同じ17位タイに順位を下げている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!