ニュース

欧州男子ケルティックマナー・ウェールズ・オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ケルティックマナー・ウェールズ・オープン
期間:06/04〜06/07 場所:ケルティックマナー・リゾート(ウェールズ)

混戦の幕開け!首位にN.ドハティら4人が並ぶ!

欧州男子ツアー第25戦「ケルティックマナー・ウェールズ・オープン」が、ウェールズにあるケルティックマナー・リゾートで開幕。 ニック・ドハティ(イングランド)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、デビッド・フロスト(南アフリカ)、アラン・マクレーン(スコットランド)の4人が5アンダーで首位に並んでいる。

昨年、スコット・ストレンジ(オーストラリア)の圧勝劇で幕を閉じた今大会。今年は初日から白熱の接戦で幕を開けた。首位に立ったのは4人。ドハティとフロストはノーボギーと抜群の安定感を披露。ビヨーンはボギーを叩きながらも3連続バーディをマークするなど攻めの姿勢を貫く。そして、マクレーンはコンスタントにバーディを重ねるなど、それぞれ見どころの多いゴルフを展開し5アンダーで首位に並んでいる。

<< 下に続く >>

4人を1ストローク差で追っているのは、ファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)、パブロ・ララサバル(スペイン)、タコ・レムケス(オランダ)の3人。サノッティはインだけで6バーディの猛チャージ、ララサバルは7番でホールインワンを決めるなど見せ場を作り、4アンダー、5位タイに並んでいる。

3アンダー、8位タイには11人が並ぶ大混戦。ここに、地元ウェールズのティム・ダイクスが名を連ねている。前回覇者のストレンジは1オーバー、62位タイと出遅れ。ここから巻き返しなるだろうか? 注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ケルティックマナー・ウェールズ・オープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!