ニュース

欧州男子ジョニーウォーカークラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ジョニーウォーカークラシック
期間:02/19〜02/22 ザ・バインズリゾート&CC(オーストラリア)

藤田寛之は7位タイ、清田太一郎は14位タイの好スタート!

欧州男子ツアー第11戦「ジョニーウォーカー・クラシック」が、オーストラリアのザ・バインズリゾート&CCで開幕。ロバート・ジャン・ダークセン(オランダ)が、3度の連続バーディをマークし、8アンダーとして単独首位に立っている。

現在、夏の陽気のオーストラリアでまず首位に立ったのはダークセン。静かな立ち上がりを経て迎えた中盤の8番から、折り返しを挟み4連続バーディを決めると、続いて15、16番、そして最終18番と一気にスコアを伸ばし8アンダーでホールアウト。文句のつけようのないゴルフで初日を終えている。

1ストローク差の7アンダーでこれを追うのは、シンガポールゴルフ界の第一人者、マーダン・ママットと地元オーストラリアのトニー・キャロラン。ママットは8バーディ、1ボギーの安定した内容のゴルフを披露。キャロランはインの前半最終ホールでイーグルを決め、そこから勢いに乗り、後半は立ち上がりに3連続バーディ、締めくくりで連続バーディとメリハリの利いたゴルフを見せている。

6アンダーの4位タイには、ダミアン・マクグラン(アイルランド)にリー・ウェストウッド、ジョン・ビッカートン(ともにイングランド)の実力派3人。そして、藤田寛之は1イーグル、5バーディ、2ボギーでラウンドし、5アンダーの7位タイ。昨年の大会の雪辱を果たしたい清田太一郎はインの前半16番でトリプルボギーを叩くも、崩れることなく8バーディを奪い、4アンダー。14位タイで初日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ジョニーウォーカークラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。