ニュース

欧州男子ハッサンII ゴルフトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ハッサンII ゴルフトロフィー
期間:03/28〜03/31 場所:ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(モロッコ)

M.シームが単独首位で決勝へ 「マスターズ」出場権獲得に前進

2013/03/30 06:44

◇欧州男子◇ハッサンII ゴルフトロフィー 2日目◇ゴルフ・ドゥ・パレロワイヤル◇6,951ヤード(パー72)

「ハッサンII ゴルフトロフィー」の2日目、初日から首位をキープしているマルセル・シーム(ドイツ)が通算12アンダーと4ストローク伸ばして単独首位をキープしている。

<< 下に続く >>

この日、8時05分にインコースからティオフしたシームは、10番、11番を連続バーディ発進とし、序盤から攻勢をかけると、さらに2つのバーディを奪うなど、一時は後続に5打のリードでその差を広げた。中盤に2つのボギーでスコアを落とすが、後半も3つのバーディで取り返し、7バーディ、3ボギーの「68」をマークした。

「4番、7番のボギーは自分でも信じがたい。フェアウェイセンターにボールを運んだのにね。全体的に手堅いゴルフが出来たと思う。カップ位置は昨日よりもタフな場所に切られていたけど、ボールもコントロールできたし、チャレンジングに楽しめたラウンドだった」と、この日のラウンドを振り返った。「マスターズ」出場権のかかる大一番となる今大会にも「自分のベストを尽くすだけ」と冷静だ。夢の切符とツアー通算3勝目を懸け決勝ラウンドに臨む。

首位と3打差、通算9アンダーの2位タイに続くのは、デビッド・ホージー(イングランド)とミッコ・イロネン(フィンランド)の2選手。「結果的に、好位置で週末(決勝ラウンド)を迎えられたことはとても嬉しい」。初日の強風の中で「68」をマークしたホージーは、2011年大会の覇者として、同一大会2勝目に向け決勝ラウンドへ駒を進めた。

通算7アンダーの単独4位にはパブロ・ララサバル(スペイン)が浮上。10バーディ、2ボギーの「64」をマークして大きく順位を上げている。そのほかイタリア出身のフランチェスコ・モリナリは、通算イーブンパーの31位タイ、兄のエドアルド・モリナリは初日の「81」をこの日は挽回、通算3オーバーの58位タイに滑り込み、揃って決勝ラウンド進出を決めている。

ロバート・ロック(イングランド)、アルバロ・キロスホセ・マリア・オラサバル(いずれもスペイン)ら欧州ツアーを代表する強豪らは予選ラウンドで姿を消すこととなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ハッサンII ゴルフトロフィー




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!