ニュース

欧州男子トレスパーニャマヨルカクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

地元スペインのオラサバルが好位置をキープ!

2003/10/18 09:00

スペインのマヨルカ島にあるプラゴルフクラブで開催されている欧州ツアー第37戦『トレスパーニャマヨルカクラシック』2日目。天候の影響でサスペンデットとなり、一部の選手は18ホールをホールアウトできなかった。

「64」の好スコアでラウンドし初日の26位タイから暫定で6アンダーのトップに躍り出たのは、ウェールズのD.パーク。1999年以来のツアー2勝目を狙う選手だ。1打差の暫定2位には、M.ラフィーバーと初日トップに立っていたD.マグレインがつけている。M.ラフィーバーは5ホール、D.マグレインは9H残しており、2人ともセカンドラウンド終了時点でトップに立つ可能性は充分にある。

2位からスタートを切った地元スペインのJ.M.オラサバルは、2日目の13Hを終えたとこで初日と同じ4アンダー。スコアを伸ばせなかったものの暫定の順位は4位タイ。まだ5H残しているが、好位置をキープしたまま決勝ラウンドに臨めそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 トレスパーニャマヨルカクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!