ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ
期間:12/08〜12/11 場所:ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)

逆転賞金王を狙うR.マキロイが3位発進! L.ドナルドは26位

◇欧州男子◇ドバイ・ワールドチャンピオンシップ 初日◇ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)◇7,675ヤード(パー72)

バーディ合戦の幕開けとなった、欧州ツアー最終戦の初日。一歩抜け出したのは、4連続を含む8バーディ、ノーボギーの「64」をマークしたピーター・ハンソン(スウェーデン)。8アンダー単独首位に立ち、ビッグタイトルに向けて絶好のスタートを切った。

<< 下に続く >>

そして今大会の最大の焦点となる、最終戦までもつれ込んだ賞金王争い。最終組で、トップを走るルーク・ドナルド(イングランド)と、約79万ユーロ(約8,200万円)差の2位で追うロリー・マキロイ(北アイルランド)による直接対決が繰り広げられた。逆転賞金王には優勝が最低条件となるマキロイは、9バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「66」をマーク。6アンダーの単独3位と、奇跡の逆転劇に望みを繋ぐスタートを見せた。

マキロイは1番をバーディ発進とするが、続く2番(パー5)では2打目をロストして痛恨のダブルボギー。しかし、イーブンで折り返したバックナインではバーディラッシュを演じ、3連続バーディフィニッシュを含む6バーディで一気にリーダーズボードを駆け上がった。

一方、9位以上で賞金王が確定するドナルドは、14番、15番とティショットをブッシュに打ち込むなど、マキロイとは対照的にバックナインで3つ落とし、イーブンパーの26位タイ。マキロイにアドバンテージを許す初日となった。

上位では、7アンダーの単独2位にスコットランドのポール・ローリー。5アンダーの単独4位にセルヒオ・ガルシア(スペイン)、4アンダーの5位タイにアルバロ・キロス(スペイン)のほか、ロバート・ロックロス・フィッシャーのイングランド勢が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!