ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

白熱の賞金王争い! ウェストウッドが単独首位、マキロイは2打差!

ドバイにあるジュメイラ・ゴルフ・エステーツ アースCで開催されている、欧州男子ツアー最終戦「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」の2日目。逆転賞金王を目指すリー・ウェストウッド(イングランド)が通算9アンダーで単独首位に立っている。

首位と1打差の2位タイで2日目を迎えたウェストウッド。スタートからいきなり連続バーディをマークし、順調な滑り出し。しかし、その後は8番でのボギーを含め、13ホールに渡りスコアが伸ばせず足踏み。それでもラスト3ホールで2バーディを奪い、通算9アンダー。このポジションを最後まで守ることができるか?

<< 下に続く >>

そのウェストウッドを追っているのは実に6人。その中に、現在賞金ランクトップのロリー・マキロイ(北アイルランド)も名を連ねる。こちらも負けじと連続バーディスタートを切ると、その後は7番でイーグル、前半上がりホールでバーディを決め、一時は単独首位に。しかし、後半に入り14番から連続ボギーを叩いて後退し、最終的に首位と2打差の通算7アンダーでホールアウト。賞金王を争うライバルが首位にいるだけに、一瞬たりとも気の抜けない戦いが続く。

なお、マキロイの他、2位タイにつけているのはロバート・アレンビー(オーストラリア)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)、ルイス・オーシュイゼン(南アフリカ)、ロス・マクゴワン(イングランド)という面々。中でも、ベストスコアをマークしたマクゴワンの勢いに注目だ。通算6アンダー、8位タイにはセルヒオ・ガルシア(スペイン)ら4人が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!