ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、8位タイでも出入り激しく「なんでだろ!?」

2010/03/05 18:05


国内女子ツアーの2010年開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の初日に、2アンダーの8位タイと、まずまずのスタートを切った上田桃子。前日の宣言どおり攻めのゴルフを見せたが、6バーディ、4ボギーと出入りの激しい内容には納得がいかないようだ。

スタートの1番で左ラフ、2番ではフェアウェイ左サイドのバンカーをも越えるほど大きく左に外しギャラリーの中に打ち込んでしまうが、ナイスリカバリーでパーセーブを繰り返した。「最初の3ホールでスコアを伸ばしたかった」と振り返るが、3番パー3も1オンするのがやっとで、スコアは伸ばせなかった。

<< 下に続く >>

5番からは3連続バーディを奪い首位争いに名乗りを上げるが、このまま勢いに乗れないのが今の上田。米ツアーでの開幕戦からの2試合でバーディを奪えば、ボギーも叩くという、悪い流れが現れてしまった。9番でボギーを叩いて前半を終えると、後半は3バーディ、3ボギー。バーディパットを決めても派手なガッツポーズは見られなかった。

「8番のパーパットで1.5mのラインを読むのに悩んでしまって、それから短いパットが不安になりました。ショットもパットも全体的には悪くないので、どうして出入りの激しいゴルフになるんだろうという感じです」と、最近のゴルフを振り返る。

「頭では分かっているのに、こういう内容になってしまうので、どうしたらいいか分からないですね。これだけバーディが獲れているので、1日で8アンダーとか9アンダーが出てもおかしくないんですけどね・・・。これからキャディと相談して明日からの対応を考えます」。とはいえ、首位と3打差と好位置につけているだけに、2日目以降のプレーにも期待がかかる。ラウンド後はパッティンググリーンでキャディの清水氏と話ながら練習を続けていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!