ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

18番で痛恨のダボ、桃子14位タイへ後退

2008/09/12 09:30


「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」初日を4アンダーの2位で終えた上田桃子。2日目は、11時55分に10番ティからスタートした。

前半を1バーディ1ボギーとして迎えた、折り返し前の18番。ピンまで177ヤードの第2打を5Iで放ったが、「テークバックが浅めで、右を嫌がって、突っ込んで左に行ってしまった」と、グリーン手前に立ちはだかる深いバンカーに入れてしまう。行ってみると、球はバンカーのあごの部分に突き刺さり、表面の白い部分がかろうじて見えているだけの状態。自分の球か確認する為に、競技委員立会いの元で球をピックアップし、再び元の位置に戻すと、上田はアンプレヤブルの判断をした。

バンカー内にはドロップせず、2打目地点からの打ち直しを選択した上田。この4打目をグリーンに載せたが、2パットでダブルボギーとしてしまった。

「18番のセカンドで、すべて流れを変えてしまいました」という上田は、折り返した1番、2番は長いパーパットを沈めて耐えたが、3番でボギーを叩くと、その後は3ボギーと崩れた。最終9番では、「今思うと、何で行ったのか分からない」という、残り210ヤードの第2打を3Wでグリーンを狙って強振。低く左に出た球は、林に突っ込み、結局ボギーフィニッシュとしてしまった。

「チャンスが来たときにバーディを獲れないと、流れも取り戻せないです。防げるところは防げたと思う。マネジメントでパーを獲るゴルフをしたかった」と、この日は反省の弁が多くなった。

初日「68」、2日目「78」と、ストロークは10打も違い、「初日が4アンダーなので、2日目終わって2オーバーは悪いと思います。正直こういうゴルフをすると、優勝争いは難しいけど、明日いくつもぐれるかが重要だと思います」と、3日目の戦いに希望を託した。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。