ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

あとはパットだけ… 首位と6打差で最終日へ!

2008/06/08 09:30


「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」3日目は、霧のためにスタートが大幅に遅れ、もともと2サムだった組み合わせが3サムに変更。当初13時47分のスタート予定だった上田のスタート時間は13時10分に繰り上がり、1番ティからスタートした。

霧が晴れた後は強い日差しが照りつけた上に、高い湿度が選手たちを襲い、「本当に熱くて、頭がガンガンした。集中力を切らさないことがテーマでした」という上田。初日から引き続いて好調なショットは、この日も健在だ。2番パー5ではティショットをフェアウェイに運ぶと、刻んだ後の第3打をピン左5 メートルにつけ、幸先よくバーディを奪取。6番パー4ではティショットを左に曲げてボギーとするが、8番パー5では2オンに成功し、イーグル逃しのバーディ。スコアを1つ伸ばし、後半へと折り返した。

後半もショットは好調。パーオン率も高い。しかし、パットが入らない。「午後スタートだったので、グリーンが荒れていましたね。ピン位置もラインも難しかったです」と、13番、14番、15番、16番、17番と、3~4メートルのバーディパットが惜しくもカップを逸れ続ける。結局、追い上げが期待されたバックナインはすべてパーに終わり、この日1アンダー。通算6アンダーの12位タイと、首位と6打差で最終日を迎えることになった。

「最後まで良い集中力は保てました。あとは、パットが決まるか、決まらないかだけですね」と総評した上田。「トップと差は開いてしまいましたが、ゴルフは寝て起きたら何があるか分かりませんし、自分のゴルフをすれば勝てると思います」と、初日から貫いてきた自分のゴルフに徹する構えだ。2日目と同様、パットが噛み合えばビッグスコアが期待できるだけに、注目の最終日となりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。