ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、しばらくは国内専念「頑張って2勝したい!」

2009/09/13 19:47


「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」最終日は、2バーディ1ボギー1ダブルボギーの「73」。通算6オーバーの15位タイで4日間の戦いを終えた上田桃子。「1ラウンドしかアンダーパーが出せなかったのと、(76を叩いた)初日が一番痛かった」と、4日間の戦いを振り返った。

米国からの帰国直後に臨んだメジャー大会。時差ぼけによる体調不良で本来の力を出せず、米国とのグリーンの違いにも対応し切れなかったが、上田がこの試合で学んだのは、「謙虚さと楽しむこと」だったという。

メジャーという言葉の前に、「マネジメントを考え過ぎたり、集中しようと思うホールほど、体が硬くなって良いリズムじゃなかった」という上田。「自分の間合いが取れなくなってしまった。もっと楽しみながらやらないといけない」と、意気込み過ぎず、リラックスして本来の力を出すことを課題に挙げた。

次週の試合は出場しないが、翌週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」から3週間は日本ツアーに専念する。もちろん、2週目の「日本女子オープン」が一番の山場だ。今大会は同門の諸見里しのぶが優勝し、上田も「メジャーで良い組で回って、最終ホールの雰囲気を味わいたい」と刺激を受けた。まずは体調を整えることが先決だが、「日本ではあと5,6試合に出るつもりなので、頑張って2勝したい」と、上田は高い目標を掲げた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。