ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

石川遼、神様からの試練乗り越え1アンダーの20位タイに浮上!

2009/11/20 17:40


昨年単独2位に入った「ダンロップフェニックストーナメント」で、今年も優勝争いが目標という石川遼が、イーブンパーの31位タイと今ひとつ乗り切れない状態で迎えた2日目。スタートの1番はティショットをフェアウェイに運び、無難にパーでスタートを切った。

前半はバーディパットが決まらず我慢のゴルフが続いたが、4番パー5で3打目のアプローチをピン手前1.5mにつけてバーディを奪いアンダーパーグループに入った。その後、9番10番とドライバーのティショットを右に曲げるが、パーで切り抜けた。そして11番に2打目をピン1.5mにつけて2つ目のバーディ。

<< 下に続く >>

ところが12番でティショットからトラブルを招いてしまう。左の林方向に飛んだボールは松の根元へ。前方はもちろん、横に出すのも難しい状況だったが、すぐ横のラフまで出した。残り200ヤードを3番アイアンで3オンさせたが、3パットでダブルボギーを叩いてしまった。

15番でもティショットが松の木の根っこに邪魔された状態。「1日に1回なら良くありますが、同じような状況が2回ですから、神様が僕に試練を与えてくれていると思います。これを乗り越えれば優勝争いが出来るんじゃないかと思っていました」。12番での失敗を教訓に、8mのパーパットを決めてパーを奪った。

すると続く16番では10mのバーディパットが決まり、この時点で2アンダーまでスコアを伸ばした。ところが17番パー3で、ティショットをグリーン右サイドのバンカーに入れると、2.5mのパーパットを外しボギー。最終18番パー5もティショットがフェアウェイバンカーに捕まり、パーセーブするのがやっとだった。

ラウンド後、今日はアンラッキーだったか、という質問に「このコースの林の状態などは分かっていたので、ティショットを曲げた時点でいろいろな状況をイメージして行くのですが、最悪の状況を覚悟していますので、心の準備は出来ていました。運が無いとは思っていません。むしろ、その後の14番から3連続で長いパットが入ってくれたので得した気分です」と前向きだ。

上位はスコアを伸ばした選手もいるが、首位との差は初日と同じ6打差。石川としては、明日の3日目に出来るだけ差をつめて、最終日に優勝争いが出来る位置でスタートすることを狙っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!