ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 ステートファームクラシック
期間:08/30〜09/02 場所:パンサークリークCC(イリノイ州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

復調気配の宮里 「今週、結果は求めません」

2007/09/02 13:03


ステートファームクラシック3日目、6位タイからスタートした宮里藍は、この日はスコアを伸ばせず1オーバー。首位のスタインハワーとは7打差の通算5アンダー、17位タイに後退した。

それでも宮里の現状を考えると、調子は上向いていると言わざるを得ない。ここ2試合はプロ入り初の2戦連続予選落ち。宮里本人は、技術うんぬんより精神的な問題として捉えているようで、この日も思案の元となってしまうホールアウト後の練習はせず、早々にコースを後にした。

<< 下に続く >>

そんな大会3日目。宮里は1番パー5と4番パー4で共にドライバーを左に引っ掛け、パーオン出来ずにボギーとしてしまう。だが、続く5番パー3で1.5mのバーディを奪って勢いに乗ると、続く6番パー5、そして8番パー4でもピンに絡めてバーディ奪取。前半は1つスコアを伸ばして終えた。

15番、16番と連続でピンチを凌いだ宮里は、後半ここまでスコアカード通りのプレイ。だが迎えた17番パー3でティショットを右のバンカーに入れ、そこから3.5mに寄せるが決められず遂にボギーを叩いてしまう。続く18番パー4でも、ティショットこそフェアウェイに置いたが、2打目をグリーン左手前のラフに外して5mを2パットのボギー。後味の悪い上がりとなってしまった。

「ティショットが左に行くのはあまり問題ではないです。逆に、タイミングが合わなくて右に行ってしまうの方が問題で…」と話した宮里。15番で右へ行ったティショットが引き金となって「最後パラパラとなってしまった」という。

今週は結果を求めないと宣言している宮里。ここまでの自己評価はナイスプレー。無心の成果はパッティングにも表れてきている。数週間の休みに入る前に、この試合で浮上のきっかけを掴んでおきたい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!