ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

後半はショットが安定、明日に繋がる流れをつくる

2008/09/12 20:41


ショットが左に引っかかり気味だったこともあり、「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」初日を30位タイで終えた宮里藍。午前スタートの2日目は朝早くから練習場に姿を現し、ショットの調整に余念がなかった。

1番ティからスタートした宮里。午前中は初日と同様、引っ掛け気味のショットが目立ち、スコアメイクに苦しむ展開が続いた。3番パー4ではティショットをフェアウェイに運んだものの、2打目をグリーン左ラフに打ち込んでボギー。6番パー4ではティショットを左ラフに曲げてしまい、2打目でもグリーンをとらえきれずにボギー。それでも5番と7番のパー3ではバーディを奪い、前半を何とかイーブンパーで終える。

「難しい中で流れを作っていけた」と手ごたえを感じて後半に臨んだ宮里だったが、10番パー4で2打目をピン下10メートルにつけたものの、ここから3パットのボギーに。「10番だけえらいショートしてしまいました。それだけが残念です」と、流れを掴みきれない。その後は全てパーで終え、この日2バーディ、3ボギーの「73」。通算3オーバーと1ストローク落としたが、順位は21位タイに浮上して終えた。

この日も最低目標のイーブンパーに届かなかったが、光明は見えた。「前半はアドレスがしっかりきていなくて、途中から右目を狙って打つようにしたら、リズムとテンポも良くなって後半はすごく良かったです」と、引っかかり気味だったショットが後半から安定。コーチの父・優氏から「グリップを短く持てばチーピンが出なくなる」とアドバイスを貰ったが、「もう少しリラックスして振るのが先決だと。自分のフィーリングを意識してやりました」と、自身の考えで修正できたことも大きな収穫だ。決勝ラウンドでは、正確なショットで勝負する宮里本来のプレーが期待できそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。