ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/03〜04/06 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、スコア以上に手応えありの第3ラウンド

2008/04/06 12:44


「苦しかったです」。ホールアウト後の第一声が、この日の厳しさを物語っていた。今週で一番強い風が吹き荒れた大会3日目、12:43の遅いスタート時間だった宮里藍は、その強風の影響をもろに受けてしまう。

スタート前、昨日までと同じ風だと踏んで5W(200~210Y)の代わりに3U(190~200Y)を入れたが、その選択が裏目に出た。182ヤードの5番パー3は、強いアゲインスト。「高い球が出てしまった」という3Uでのティショットは、風に戻され手前の池につかまってしまう。打ち直しの3打目をグリーン奥に外し、寄せワンのダブルボギー。後半に入っても、3ボギーとスコアを落とし、この日「77」、通算3オーバーの22位タイに後退した。

「まぁ、しょうがないですね。風は自分では止められないので」。それでもホールアウト後の宮里は、さばさばした口調で振り返った。風の影響でスコアは伸ばせなかったが、ショットの手応えは悪くない。「混戦だと思うし、ベスト10は全然入れる。この試合だけ(ベスト10に)入ってないので、良い目標になります」と、明日の最終日はメジャー大会中いまひとつ相性の良くない同大会へのリベンジを狙う。

同じ手応えは父の優氏も感じていた。この日も一日ラウンドについた父が感じたことは、「きっとうまくいく!」「パットも完璧だし、ドライバーもスランプの時の怖さが無くなっている」と、娘の復調に太鼓判を押す。「スコアは良くなかったけど、今後に向けて期待を抱かせるラウンドだった」と微笑んだ。そして、メジャー恒例となった“父の一句”を、最終日を待たずに披露した。

ナビスコの 尾根に雪は残れども
いつか来るらん 雪解けの春 宮里優

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。