ニュース

米国女子サイベースクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 サイベースクラシック
期間:05/15〜05/18 アッパーモントクレアCC(ニュージャージー州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

パットが決まってくれなかった…42位タイで終える

2008/05/19 11:00


「サイベースクラシック」最終日を10位タイの好位置で迎えた宮里藍。スタートホールの1番パー4、いきなり1.5メートルのバーディチャンスにつけ、最高のスタートを切るかに見えた。しかし、ボールは惜しくもカップを逸れてしまい、パー発進。「いい流れをつくれると思ったのに、あれが大きかった」と振り返った宮里は、その後もパットに苦しむ展開が続く。

3番パー3では右10メートルに1オンさせるも、1メートルのパーパットを外し、3パットのボギー。「とにかくパットが入ってくれなくて、ショットも段々と崩れてしまいました」と、その後はプレー全体にも悪影響が及ぶ。バーディが欲しい7番パー5では、ティショットが右のバンカーへ。5オン、1パットのボギーとしてしまう。

後半に入っても流れは変わらず、11番パー5でも4オン2パットのボギー。17番パー3でも4メートルのパーパットを外してボギー。最終的にノーバーディ、4ボギーと4つスコアを落とし、通算1オーバーの42位タイで競技を終えた。

ホールアウト後、「パットが入りませんでした。それだけです。入れに行く気持ちが強すぎて、気持ちが先走り過ぎましたね。最後まで修正ができませんでした。我慢しないと」と、メンタル面での問題を指摘した。しかし、「すべてにおいてフィーリングが良くなっていて、スコアを出せるようになっています」と技術面での不安は抱いていない。次週の「LPGAコーニングクラシック」は欠場し、翌週の「ギントリビュート」から出場する。1週間のオフで、課題に挙げる「100ヤードのショットと、パット」の精度をどこまで仕上げてくるか、楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 サイベースクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。