ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:03/29〜04/01 場所:ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

幸先の良いスタートも・・・父・優氏は「緊張感が足りない」と指摘

2007/03/30 00:00


晴れわたる青空の下、宮里藍にとって3度目の挑戦となる「クラフトナビスコチャンピオンシップ」初日が始まった。通算4勝のソフィー・グフタフソン(スウェーデン)と同組で、午前9時33分に10番ホールからスタート。その出だし、2打目をピンそば30センチにつけると、3度目の大会で初となる初日バーディスタートを切る。しかし、幸先の良いスタートと思ったのもつかの間、13番で3メートルのパーパットを外してボギーに。ここから、宮里のプレーに暗雲が立ちこみ始める。

続く14番パー3ではグリーンを外し、アプローチを1メートルに寄せるもこれを外し連続ボギー。16番パー4では、20メートルのバーディパットから3パットを犯してまたもボギー。「グリーンが重くて・・・見た目は早そうに見えたんだけど、そのギャップを埋めるのに時間が掛かりました」と言う通り、なかなかパットのフィーリングが合わない。

<< 下に続く >>

後半に入っても、悪い流れをなかなか断ち切れない。3番、4番と連続ボギーとすると、6番でも1.5メートルのパーパットを外してボギー。7番パー4でようやく1メートルのバーディパットを沈めるが、この日2バーディ6ボギーの4オーバー。首位と8打差となる52位タイでホールアウトした。

グリーンが固いため、手前から攻めようという意図が伺えた初日。しかし、1ヤードの差でグリーンに届かないという紙一重のショットも目立った。「ラッキー、アンラッキーもあったりと・・・。まあ、明日も諦めずにやることが大事ですね」と宮里。「今日の状態だと(トップは)5つはいきそうだと思ったけど、思ったより伸びていない。距離も伸びているし、ラフも長いし、その辺が難しいのかなと思います」と話した。

今日のプレーについて父・優氏は、「踏ん張りが足りないですね。慣れすぎている感じがする。ショットの精度は戻ってきているけど、緊張感が足りない気がしますね」と、メンタル面を指摘。父の言葉は、宮里本人の耳にも届いているはず。この日のラウンド内容が、そしてコーチである父の言葉が、明日以降の宮里のハートに火をつけることを期待しよう。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!