ニュース

アジアンインドネシアマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

P.サクサンシンが逃げ切ってツアー3勝目 今平周吾は12位

2018/12/16 17:17

◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 最終日(16日)◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7539yd(パー72)

3打差の単独首位から出た25歳のプーム・サクサンシン(タイ)が、最終日も「68」で回って通算20アンダーとし、2位に3打差をつけて今季初&ツアー3勝目を飾った。16年に続いて今大会2勝目。

通算17アンダーの2位にはジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、通算15アンダーの3位にパヌポール・ピッタヤラット(タイ)が入り、タイ勢が3位までを独占。今大会初出場で、最終日最終組で回ったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、この日「71」として通算14アンダーの4位に終わった。

今大会を2位以上で終えれば世界ランク50位入りのチャンスがあった今平周吾は、5アンダー「67」と好プレーを見せたものの、通算7アンダーで12位フィニッシュ。世界ランクは55位を維持する見込みだ。

また、2人までの16位タイ以上ならば、世界ランク1位に再浮上できたジャスティン・ローズ(イングランド)は、この日「75」とスコアを落として17位タイ。世界ランク1位には届かなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 インドネシアマスターズ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。