GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

GDO編集部が選ぶ 2015年海外男女ツアー10大ニュース

■第1位 松山英樹 米国2年目は未勝利ながら日本人最高4.5億円

未勝利でシーズンを終えたとはいえ、確かな進歩を数字で残した松山英樹

米国ツアー2年目のシーズンは未勝利に終わった松山英樹でしたが、トップ10フィニッシュ9回は全体で6番目の数字。フェデックスカップランクは、「ザ・メモリアルトーナメント」を制した1年目の28位を上回る16位とし、シーズン獲得賞金375万8619ドル(約4億5100万円)は歴代日本人の最高額を更新しました。

シーズン終了時点では、松山自身も全体的な底上げを実感。目標に挙げるメジャータイトルは叶いませんでしたが、年間の4大メジャー全てで決勝ラウンドに進んだのは初めてのことでした。世界ランクトップ10も目の前に迫るハイレベルなポジションで、着々と前進を続けています。

【関連リンク】
松山は5位でも後悔 「勝てる」マスターズだった
・「普通になった」2年目終了 松山英樹、賞金は日本人過去最高4.5億円
松山英樹 リオ五輪について見解「まずはメジャー」

■第2位 リディア・コーが最年少で10勝目&メジャー制覇

ツアー史上最年少の18歳で通算10勝目を飾ったリディア・コー(Thananuwat Srirasant/Getty Images)

数年前まで天才少女と呼ばれていたリディア・コーも、今年4月で18歳。韓国の名門・高麗大学に進み、トレードマークだった黒縁眼鏡も外して大人びた雰囲気へ。さらにゴルフでも、急速な成長を続けています。

9月「ザ・エビアン選手権」で初めてメジャーを制し、18歳4カ月の米女子ツアーメジャー最年少優勝記録を樹立。10月「フボンLPGA台湾選手権」で節目のツアー通算10勝目を飾り、18歳6カ月1日での到達は同じく同ツアーの最年少記録となりました。

【関連リンク】
またもウッズ超え 18歳リディア・コーが史上最速で10勝目
フランスの地で快挙 リディア・コーがメジャー最年少V

■第3位 22歳スピースがメジャー年間2勝 最年少の年間王者へ

スピース時代の到来を告げるのか。22歳は最年少で年間王者へ上り詰めた

こちらも最年少記録を打ち立てたのがジョーダン・スピース。「マスターズ」「全米オープン」とメジャー連勝を遂げるなどシーズン5勝を挙げ、ツアー史上最年少となる22歳2カ月でフェデックスカップ年間王者へと上り詰めました。

【関連リンク】
連続予選落ちから復活劇 スピースがクールにつかんだ王者の座
スピースが2番目の若さで世界1位に 陥落のマキロイが祝福

■第4位 石川遼が“コンマ差”で今季シードに滑り込み

シード争い最終戦で辛くも圏内に滑り込んだ石川遼。ドキドキの展開だった

最後の最後まで手に汗握る戦いでした。シード争いの最終戦となる8月「ウィンダム選手権」を前にフェデックスランク130位にいた石川遼は、大会を31位でフィニッシュ。シード圏内(同125位以内)に滑り込む124位に浮上し、辛くも2015-16年シーズンの出場権を手にしました。

同順位(458ポイント)には石川を含めて3人が並んでいましたが、小数点以下の数字で石川がわずかに上回っての圏内入り。文字通り“コンマ差”でつかんだシード権でした。

【関連リンク】
窮地を救う「66」 石川遼は滑り込みで来季シード&プレーオフへ
石川遼は“コンマ差”での生き残り…熾烈だったフェデックス争い

■第5位 離脱中のタイガー・ウッズ 復帰時期の見通し立たず

寂しげな微笑を浮かべながら会見に臨んだタイガー・ウッズ

今年9月に背中の緊急手術を受けたことを発表したタイガー・ウッズ。出場を表明していた2015-16年シーズン開幕戦「フライズドットコムオープン」も欠場に転じ、取り巻く状況は深刻なものとなりました。自身が主催する12月「ヒーローワールドチャレンジ」では会見のみ出席し、「トンネルを抜けた先の光が見えない」と寂しげな微笑。今後の動向が気にかかるところです。

【関連リンク】
ウッズは復帰時期明言できず「光が見えない」
タイガー・ウッズが緊急手術 年内の出場見送り、年明け復帰へ

■第6位■ 米国でも安定感 ルーキー横峯さくらが賞金シード確保

ルーキーイヤーで来季シードを確保した横峯さくら。2年目こそ優勝へ!

米ツアールーキーとして初のフルシーズンを戦った横峯さくらは賞金ランク44位とし、来季シード権(上位80位以内)の確保という最低限のノルマを達成しました。初の予選通過(3月「キア・クラシック」)まで4試合を費やしましたが、以降は持ち味の安定感を発揮。手探りが続いた1年目を無難に終えて、来年1月から始まる2年目のシーズンに臨みます。

【関連リンク】
2015年 横峯さくらの全成績&詳細スタッツはこちら
横峯さくらがキャディとの7年間のコンビを解消

■第7位■ 岩田寛 初の「全米プロ」で海外メジャー最少スコア「63」

「63」達成後にインタビュールームへと招かれた岩田寛

8月「全米プロゴルフ選手権」2日目に、初出場の岩田寛がメジャー史にその名を刻みました。第2ラウンドを1イーグル、8バーディ、1ボギー、海外4大メジャーの18ホール最少ストロークに並ぶ「63」をマーク。達成者は通算25人目(27例目)となり、日本人では青木功(1980年/全英オープン)に次いで2人目となる大記録を打ち立てました。

【関連リンク】
岩田寛が歴史に名 海外メジャー最少スコアタイ「63」
岩田寛はイワタ節 メジャー記録「63」達成も「興味がない」

■第8位■ 宮里藍と宮里美香が2年ぶりシード復帰

3季続けての未勝利に終わったが、2年ぶりのシード復帰を果たした宮里藍

昨季は初めて賞金シード(上位80位以内)を喪失した宮里藍宮里美香が、今季をそれぞれ賞金ランク28位、77位で終えて2年ぶりのシード復帰を果たしました。来季の日本人シードプレーヤーはW宮里のほか、横峯、野村敏京上原彩子を加えた計5人。下部シメトラツアーでは、有村智恵とアマチュアの永井花奈がプレーする予定です。

【関連リンク】
日本勢5人に来季シード 宮里藍と美香が2年ぶり復帰
賞金シードへ正念場 宮里藍「最悪は・・・」

■第9位■ 異色の全米OPコースに糾弾相次ぐ

物議を醸したチェンバーズベイのコースセッティング

開催コースに関して、これだけ物議を醸した「全米オープン」も珍しかったでしょう。07年に開場され、同大会初開催となったチェンバーズベイ(ワシントン州)が、その標的。選手からも不平の声が多く漏れていましたが、果たしてその理由とは?

【関連リンク】
「今までで一番不愉快」 異色の全米OPコースに糾弾相次ぐ
採掘場から至高のコースへ

■第10位■ 来季の米国女子ツアー 史上最高賞金総額へ

米国女子ツアーの来季スケジュールが発表され、2試合増の33試合、賞金総額はツアー史上最高となる6310万ドル(約75.7億円)と報じられました。来季の日本ツアー(38試合/35.2億円)と比較すると約2.15倍の差。少しは規模感が伝わりますか?

【関連リンク】
来季の米LPGAは33試合 総額6310万ドルで史上最高賞金に