GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹 リオ五輪について見解「まずはメジャー」

公式会見で松山英樹がリオ五輪について見解を述べた(※写真はフライズドットコムオープン)

2016年のリオデジャネイロ大会で、112年ぶりにゴルフが正式種目に復活するオリンピックについて、松山英樹が18日、現段階での見解を述べた。国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」前の公式会見で語った。

男女ともに各国2~4名、計60人ずつのフィールドで争われるリオ五輪。出場選手は来年7月11日に決定する。松山の最新世界ランキングは16位で、日本勢では2位の片山晋呉(78位)を大きく引き離している。

近年の実績から選抜入りが有力視される中、松山は「正直、まだ考えていません。まずはメジャーが全部終わったあとにオリンピックがある。実際に出たこともないですし、経験したゴルファーは少ない。なんとも言えませんが、出られるのであれば全力を尽くして勝ちたいというのはあります」と話した。

メジャー優勝をキャリアの目標に掲げてきたため、かねて松山にとって五輪は「位置づけが難しい」大会。「メジャーは自分が生まれた時からみんなが目標にするような大会だった。オリンピックはすごい大会だというのは分かるのですが、メジャーと比べて出場人数も少ない。そうした中で、本当にナンバーワンを決める大会なのかどうかというのは、PGAツアーの選手みんなが思っている。チームスポーツになればまた変わってくるかと思うけれど…」と複雑な思いもある。

世界中のゴルファーが集結している米ツアーに身を置く選手は、毎週“世界戦”を戦っている意識が強い。前週「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場した世界ランク4位のバッバ・ワトソン(米国)も「まだ代表入りが決まったわけでもないので、オリンピックのことはなかなか考えにくい。スケジュールが大変になることはまず明らか。最初は4つのメジャーに照準を合わせていきたいと思っている」と話していた。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)


GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?