GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国女子 KPMG女子PGA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

KPMG女子PGA選手権
期間:06/11~06/14  場所: ウェストチェスターCC(ニューヨーク州)

全米女子プロは新時代へ 横峯さくら、宮里美香らが参戦

2015年 KPMG女子PGA選手権 事前 朴仁妃
前年はプレーオフを制した朴仁妃が大会2連覇を達成。夕闇の中で優勝カップを掲げた【拡大写真】

米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」が、6月11日(木)から14日(日)までの4日間、ニューヨーク州にあるウェストチェスターCCで開催される。今年からPGA・オブ・アメリカが大会運営に加わり、賞金総額は前年の225万ドルから350万ドルへと大幅アップ。1955年に初回大会が開催されて61年目を迎える今年、大会は新たな一歩を踏み出そうとしている。

昨年大会を制したのは朴仁妃(韓国)。ブリタニー・リンシコムとのプレーオフを制し、大会2連覇でメジャー通算5勝目をマークした。5人が出場した日本勢は、野村敏京の48位タイが最高位。上原彩子有村智恵が決勝ラウンドへ進出したが、宮里藍宮里美香は予選落ちに終わった。

今年も世界の強豪が顔を揃える。世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)を筆頭に、朴仁妃(韓国)、ステーシー・ルイスキム・ヒョージュ(韓国)、前週優勝のスーザン・ペターセン(ノルウェー)ら世界ランクの上位10選手は全選手が出場する。今シーズン、すでに計4勝をマークしているキム・セヨンキム・ヒョージュ(ともに韓国)、ミンジー・リー(オーストラリア)らルーキーたちにも注目だ。

日本からは上原彩子横峯さくら宮里美香野村敏京の4選手が参戦する。米ツアーでは2012年以来、日本人選手の優勝はない。1977年に樋口久子が制したメジャー大会で、この流れを止めることができるだろうか?

【主な出場予定選手】
朴仁妃宮里美香上原彩子野村敏京横峯さくらS.ルイスS.ペターセンリディア・コーP.クリーマーB.リンシコムL.トンプソンツェン・ヤニミンジー・リーキム・ヒョージュキム・セヨンM.ウィ


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには川岸史果プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?