GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

高村亜紀など4人が首位タイ

順位 選手名 通算 合計
1 高村亜紀 -3 69
1 戴玉娟 -3 69
1 島袋美幸 -3 69
1 K.チェダー -3 69
5 金愛淑 -2 70
5 ク・オッキ -2 70
5 吉川なよ子 -2 70
5 曽秀鳳 -2 70
5 大場美智恵 -2 70
10 ト阿玉 -1 71

スコア詳細を見る

女子ツアーは福岡県から愛知県に移動。春日井CCで開催される中京テレビ・ブリヂストンレディス。昨年は高村亜紀と黄璧洵が一騎討ちの末、高村の勝利となった。

その高村亜紀、コースとの相性なのか、それともディフェンディングチャンピオンの自信か、4バーディ、1ボギーの69として首位。「ここのグリーンはイメージが合っている。あまり悩まずゆとりをもってパッティングできる」と高村。
30度近い夏のような暑さにはこたえたらしいが「ゴルフの調子はともかく、初日トップに立ててホッとした感じです」

島袋美幸はアウトで4バーディ。しかしインでは1バーディ、2ボギー。シーズン初めに右足のねんざで2カ月を休んでいた。「それだけに初日の60台はうれしい。本当に上出来です。5月中はリハビリのつもりと思っていましたから」

クリス・チェダーはボギーなし。「岡本さん、古川さんといった、アメリカでプレーしたことのある人といっしょだったから楽しくラウンドできた」という。確かにね。彼女たちだって、言葉の通じない日本でのプレーはなかなか大変なのだ。

戴玉娟は4バーディ、1ボギー。今季は予選落ちが多かったが、今週からドライバーを換えた。柔らかいシャフトは疲れてきても振れるし飛ぶという。「悪い方に考えず、精一杯やります」

気分を変えるため1週間「クラブに触らなかった」という福嶋晃子はパープレー。明日に期待する。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには曽田千春プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。