GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 PGAフィランスロピートーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

いきなり9アンダー。横田英治がリード

順位 選手名 通算 合計
1 横田英治 -9 62
2 沢田尚 -7 64
2 清水一浩 -7 64
4 川原希 -6 65
4 加藤雅成 -6 65
4 蘇欽榮 -6 65
7 鈴木亨 -5 66
7 島田正士 -5 66
7 田子元治 -5 66
10 三橋達也 -4 67

スコア詳細を見る

1年のブランクを経て今季から再開したフィランスロピートーナメント初日。9アンダー首位につけたのはプロ4年目の横田英治。ビッグネームの休んでいるこの週、チャンスに一番手を上げた。続くのは昨年プロになったばかりの清水一浩が沢田尚と共に7アンダー2位タイ。川原 希ら3人が4位グループにつけている。

1イーグル、7バーディ、ノーボギーとした横田英治は「今日は9アンダーだから完璧です。これで不満があると言ったら怒られちゃう」 プロになってから自分自身のベストラウンドという。ショートアイアンが好調でバーディチャンスがほとんど1メートル以内だった。首位は今大会が初めて。

ウェイティングから出場した清水一浩は火曜日には栃木でミニツアーに出場していた。すっかり出られないと思っていたこの大会に友人から出られるという連絡を受け、徹夜で600キロの道のりを運転して駆けつけた。QTのランキングは84番。「昨日の練習ラウンドはハーフしかやっていません。知らないコースというのが、返って良かったんですね。疲れていますけど、今日はパターが冴えていました。折角のチャンスですから、出来るだけ良いスコアでという気持ち。明日は最後の最後だからもう少し伸ばせるように大事にプレーしたいです」

練習したのはインコース。アウトコースはぶっつけ本番だったが、5バーディを沈めて、トータル7バーディ、ボギーなし。いままでの大会では66が最高だった。今日は64に自己ベストを更新した。

東聡は3アンダー20位タイ、宮瀬博文は1アンダー50位タイからの発進。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?