2018/08/24山陰合同銀行Duoカードレディース

21歳の丹萌乃が初優勝/ステップアップツアー

◇ステップアップツアー◇山陰合同銀行 Duoカードレディース 最終日(24日)◇大山平原ゴルフクラブ(鳥取県)◇6463yd(パー72) 3位からスタートした21歳の萌乃(たん・もえの)が2
2018/09/20中国新聞ちゅーピーレディースカップ

立浦葉由乃と丹萌乃が首位/ステップアップツアー

「68」とした立浦葉由乃、4打差7位から「67」とした萌乃(たん・もえの)が通算8アンダーで首位に浮上した。 1打差3位に上原美希がつけた。首位から出たプロ11年目、40歳の酒井千絵は「73」とスコア
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

大西葵が好調で急浮上 第2回リランキングが終了

絵利子(44) 26/山路晶(24) 27/西木裕紀子(17) 28/イ・ソルラ(27) 29/金田久美子(28) 30/武尾咲希(21) 31/野澤真央(39) 32/辻梨恵(40) 33/萌乃
2019/08/29ニトリレディス

【速報】渋野日向子は3連続バーディ締め 1アンダーでホールアウト

スタート。 27日(火)に病院で急性副鼻腔炎と診断されたものの、ギャラリーの声援に笑顔をみせた。 前半をイーブンパーで折り返すと、1番、3番でボギー。それでも7番(パー3)から3連続バーディを奪った。1アンダー暫定14位でホールアウトした。 萌乃が5アンダー暫定首位に立っている。
2019/08/30ニトリレディス

鈴木愛ら3人が首位 渋野日向子は2差4位

なし(海外ツアー除く)を記録し、アマチュア安田祐香(大手前大1年)と並んで通算5アンダー4位につけている。 通算4アンダー6位にS.ランクン、萌乃、宮里美香、濱田茉優、穴井詩、K.デイビッドソン。前週に初優勝を果たした浅井咲希は通算3オーバー62位、カットラインに1打届かず予選落ちに終わった。
2019/08/30ニトリレディス

【速報】渋野日向子は前半イーブンパー 首位と5打差

を戻した。通算1アンダー、首位と5打差で後半へ進んだ。 前日までに歴代2位となる25ラウンド連続オーバーパーなし(海外ツアー除く)を記録しているだけに、後半の巻き返しに期待がかかる。 高橋彩華(12ホール消化)、萌乃(同10)が通算6アンダー暫定首位に立っている。
2018/04/26九州みらい建設グループレディース

蛭田みな美ら3人が首位発進/ステップ初日

蛭田みな美、澤田知佳、萌乃の3人が4アンダーで首位に並ぶ好スタートを切った。 3アンダーの4位に中山三奈、坂下莉翔子、中井美有の3人。2アンダーの7位に笹原優美とチェン・イーウェン(台湾)が続いた
2019/06/01リゾートトラストレディス

アマチュア古江彩佳が首位で最終日へ 1打差に河本結

。 通算7アンダー5位に笠りつ子とペ・ソンウ(韓国)の2人。通算6アンダー7位にアマチュア西村優菜、小祝さくら、萌乃、穴井詩が並んだ。 【アマチュアのツアー優勝】 1973年「トヨ
2019/06/02リゾートトラストレディス

“ジャンボの愛弟子” 原英莉花が初優勝 PO制して涙

、まずは1勝できました、と報告したい」と言葉にした。 単独首位から出たアマチュアの古江彩佳は「70」でプレー。河本結と並んで通算12アンダーの3位に終わった。 通算10アンダー5位に穴井詩と小祝さくら。通算9アンダー7位に浅井咲希、萌乃、笠りつ子の3人が並んだ。
2018/10/19京都レディースオープン

林菜乃子が初優勝 賞金1位に河本結/ステップ最終日

」と振り返った。 首位で出たアマチュア古江彩佳(兵庫・滝川二高3年)は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。萌乃とともに通算7アンダー2位とし「もうちょっとのところで頑張りきれなかった」と厳しい表情
2018/09/28日本女子オープン

畑岡奈紗が2打差の2位に浮上 フェービー・ヤオが首位

を目指す畑岡奈紗は「66」でプレーし、単独トップから出た世界ランキング4位のユ・ソヨン(韓国)、21歳の萌乃と並ぶ通算7アンダーの2位に順位を上げた。 今年3月の「アクサレディス」で4年ぶりのツアー
2018/09/21中国新聞ちゅーピーレディースカップ

上原美希が逆転優勝 今季2勝目/ステップアップツアー最終日

陽香理と萌乃。通算10アンダーの4位に但馬友。通算9アンダーの5位にポラニ・チュティチャイ(タイ)、高木萌衣、立浦葉由乃の3人が続いた。 2週連続優勝がかかっていた河本結は通算8アンダーの8位で終えた。
2018/09/27日本女子オープン

ユ・ソヨンが単独首位 3連覇かかる畑岡奈紗は17位発進

合格した20歳の高橋彩華。高橋は上がり3ホールを連続バーディで締めくくり、終盤のリーダーボードを駆け上がった。 4アンダー3位にイ・ナリ(韓国)と渡邉彩香。3アンダー6位に葭葉ルミ、萌乃、テレサ
2018/08/23

41歳新坂上ゆう子ら首位 アマチュア垣は1打差

落としながら、首位の山里愛と通算2アンダーで並んだ。 アマチュアの垣優菜、山田成美、萌乃が1打差。稲見萌寧、川満陽香理らが通算イーブンパーの6位になった。大会は24日に最終ラウンドを行う。
2018/07/13ANA PRINCESS CUP

女子大生プロ・工藤優海が逃げ切りで初優勝/ステップツアー

で活躍する勝みなみや、米国女子ツアーで初優勝を遂げた畑岡奈紗と同学年で、“黄金世代”のひとりだ。 地元・北海道出身の山戸未夢と、萌乃の2人が通算5アンダーの2位でフィニッシュした。初日首位の加賀其真美は通算4アンダー4位で終えた。
2018/07/12ANA PRINCESS CUP

工藤優海が3打リードで最終日へ/女子ステップ2日目

なしの「66」とし、通算8アンダーで単独首位に浮上。今季からツアーに加わった19歳が、後続に3打差のリードをつけてプロ初タイトルへ前進した。 通算5アンダーの2位に萌乃と加賀其真美の2人。首位から出