2018/08/19ノルデアマスターズ

ポール・ワーリングとトーマス・アイケンが首位

◇欧州男子◇ノルデアマスターズ 3日目(18日)◇ヒルズGC(スウェーデン)◇7169yd(パー70) 首位から出たポールワーリング(イングランド)が3バーディ、2ボギーの「69」でプレー。通算
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

デビューを飾ったペレスとシュワブは、そろって最終日に「66」をマークし、アンセルはこの日のスコアを「67」とした。 通算14アンダーの7位にマシュー・フィッツパトリック。2打差の8位にはジェイソン・コクラック、パトリック・リード、ポールワーリングが入った。
2018/08/20ノルデアマスターズ

33歳のP.ワーリングがプレーオフを制してツアー初優勝

◇欧州男子◇ノルデアマスターズ 最終日(19日)◇ヒルズGC(スウェーデン)◇7169yd(パー70) 首位から出た33歳のポールワーリング(イングランド)が3バーディ、1ボギーの「68」でプレー
2018/08/20ヨーロピアンツアー公式

出場200試合目のワーリングがツアー初優勝

プレーオフの末にトーマス・アイケン(南アフリカ)を退けたポールワーリング(イングランド)が「ノルデアマスターズ」を制し、ヨーロピアンツアー初優勝を遂げた。 ヒルズGCでの最終日を共に首位タイで迎え
2019/10/31ヨーロピアンツアー公式

WGC HSBCチャンピオンズで知っておくべき5つのこと

ジャミン・エベール、ジャズ・ジェーンワタナノンド、川村昌弘、カート・キタヤマ、ロマン・ランガスク、ザンダー・ロンバード、ロバート・マッキンタイア、ビクトル・ペレス、マティアス・シュワブ、そしてポール
2019/09/30ヨーロピアンツアー公式

ペレスが拠点のスコットランドで初の栄冠

度目のトップ4入りとなったスウェーデンのヨアキム・ラガーグレンと、「70」をマークしたイングランドのポールワーリングが入った。 昨季欧州チャレンジツアーで年間ランキングを3位として今季のシード権を得
2019/09/30アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

ビクトル・ペレスがツアー初優勝

)、20アンダーの3位にヨアキム・ラガーグレン(スウェーデン)とポールワーリング(イングランド)が入った。 トミー・フリートウッド(イングランド)、ワン・ジョンフン(韓国)ら5人が19アンダーの5位で終えた。
2019/09/29アルフレッド・ダンヒル リンクス選手権

ペレスとサウスゲートが首位 3人の日本勢は予選落ち

キングバーンズで「64」、サウスゲートはセントアンドリュースで「65」をマークし、ともにツアー初優勝に前進した。 通算18アンダーの3位に、カーヌスティで「65」としたポールワーリング(イングランド
2019/06/10ヨーロピアンツアー公式

タイがゴルフシックスで劇的勝利

終え、トム・ルイスとポールワーリングに対し1-1で並んでいたパチャラ・コンワットマイとトンチャイ・ジェイディーは、6番でのプレーオフに臨むも、そこでも勝負は決しなかった。 これにより、3年に及ぶこの
2019/08/21スカンジナビア招待

舞台はスウェーデン第2の都市 川村、宮里、谷原が参戦

まで8年間は「ノルデアマスターズ」の名称で実施されてきた。ツアー初勝利を挙げたポールワーリング(イングランド)がディフェンディングチャンピオンとして臨む。 ヘンリック・ステンソン、アレックス・ノレン
2019/05/13ヨーロピアンツアー公式

冷静沈着なキンハルトが劇的勝利

。 通算12アンダーの5位には18番でバーディを奪ったスコットランドのリッチー・ラムゼイが入り、通算11アンダーの6位タイには、ともにイングランドのポールワーリングとジョーダン・スミスが続いた。 今季
2019/05/24メイド・イン・デンマーク

首位に5人の混戦 宮里優作47位、川村昌弘は出遅れ

◇欧州男子◇メイド・イン・デンマーク 初日(23日)◇ハイマーランド ゴルフ&スパリゾート (デンマーク)◇6881yd(パー71) 首位に5人が並ぶ混戦の幕開けとなった。ポールワーリング
2019/01/28オメガドバイデザートクラシック

デシャンボーが欧州ツアー初優勝 谷原秀人は64位

・ウォレス(イングランド)。通算16アンダーの3位に一昨年覇者のセルヒオ・ガルシア、アルバロ・キロス(ともにスペイン)、イアン・ポールター、ポールワーリング(ともにイングランド)の4人が続いた。 2位から
2017/06/30ヨーロピアンツアー公式

復活のワーリングがパリで首位発進

ケガからの復活を遂げたポールワーリングがル・ゴルフナショナルを「64」でラウンドし、初日を終えて2打差の首位に立った。 深刻な肩の怪我に悩まされてきたイングランドのワーリングは、過去2シーズンで