最近のニュース 新着一覧≫


2019/02/19マーク金井の試打インプレッション

フェース反発と多彩な調整機能が生み出す飛び「テーラーメイド M5 ドライバー」

ほか、カスタム対応でグラファイトデザインの「ツアーAD VR-6」、藤倉ゴム工業の「スピーダー 661 エボリューション V」、三菱ケミカルの「ディアマナ DF60」がラインアップしている。 (※下記の弾道計測データは、ヘッドスピード45.9m/sで計測した数値)
2019/04/16ツアーギアトレンド

マスターズの1W使用率をチェック ウッズは王道路線

Silver)ら6人が使用する、同社グループ企業のアルディラ社まで合わせると計37人となり、使用率は43%に上る。 シャフト使用率の2位は、15%ずつでやはり日本メーカーが並び上位独占となった。グラファイトデザイン
2018/10/13topics

最新シャフト4本を打ち比べてみた ~2018年版~

ツアーAD、ディアマナ、スピーダー、アッタス 大手4社モデルの特性比較 ことしもシャフトメーカー大手4社の最新モデルが出そろった。グラファイトデザイン「ツアーAD VR」(※以下VR)、三菱ケミカル
2018/10/06クラブ試打 三者三様

ツアーAD VR/ヘッドスピード別試打

グラファイト「VR」は弾き系? 粘り系? 先月発売されたばかりのグラファイトデザイン最新モデル「ツアーAD VR」。手元側のしっかり感でしなり戻りが強く、先端は極度に剛性を落とさないことで走り過ぎを
2018/12/26ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内男子

選択。初勝利を含む2勝をあげ「藤倉さんを使って2年目。フィーリングがよくて、自分のスイングにあっている」と振り返った。 3位は5勝をあげたグラファイトデザインとUSTマミヤ。グラファイトデザインは前年
2018/12/28ツアーギアトレンド

年間勝利数が最も多かったシャフトは?/国内女子

」と使用感を説明した。 3位は5勝のピンとグラファイトデザイン。ピンは契約する鈴木愛が4勝をあげて勝ち星を大きく伸ばした。グラファイトデザインは、アン・ソンジュ(韓国)が年間5勝のうち3試合で使用した
2018/10/16マーク金井の試打インプレッション

高い操作性でイメージ通りの弾道「タイトリスト TS3 ドライバー」

ヘッドスピードのストライクゾーンは、42~46m/sぐらいか。 シャフトはこのほか、フジクラの「スピーダー 661 エボリューション 5」、グラファイトデザインの「タイトリスト ツアー AD VR-6」もラインアップされている。 (※下記の弾道計測データは、ヘッドスピード46.1m/sで計測した数値)