2021/06/26BMWインターナショナルオープン

川村昌弘が2打差の2位で決勝ラウンドへ 金谷拓実は「67」で浮上

、ベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)、ホルヘ・カンピージョ(スペイン)、アドリアンサディア(フランス)が並んだ。 8アンダーの7位にショーン・ノリス(南アフリカ)、パブロ・ララサバル(スペイン
2015/03/27ヨーロピアンツアー公式

アガディールで初日の主役を奪ったサディア

「ハッサンIIゴルフトロフィー」は初日を終え、今季のヨーロピアンツアー出場は僅か2戦目ながら輝きを放ったフランスのアドリアンサディアが1打差の首位に立った。 昨季の「レース・トゥ・ドバイ」を127…
2016/05/06ヨーロピアンツアー公式

モロッコは接戦の幕開けに

・エル・ハッサニ、エスタニスラオ・ゴヤ、マイク・ロレンゾベラ、アドリアンサディア、ボルハ・ビルトアストゥディージョがつけている。 ルーキーイヤーとなった昨季の「レース・トゥ・ドバイ」を117位で終え…
2016/05/07ヨーロピアンツアー公式

ラポルタが単独首位に浮上

つける。イングランドのガリー・キングとフランスのアドリアンサディアが1打差でこれを追っている。 2008年の「スペインオープン」王者であるローリーは、ここ数シーズンはベストの状態から遠ざかっていただけに…
2021/01/04ヨーロピアンツアー公式

サミ・バリマキ 飛躍の一年を振り返る/前編

さえ思います」 最終日はブランドン・ストーン(南アフリカ)の一騎打ちになるかに見えたが、先ず抜け出したのは通算12アンダーのクラブハウスターゲットをマークしたフランスのアドリアンサディアだった
2020/03/03ヨーロピアンツアー公式

サミ・バリマキがオマーンでヨーロピアンツアー初制覇

を通してストーンとバリマキがリードを守る展開となるも、フランスのアドリアンサディアが通算12アンダーでホールアウトしてクラブハウスターゲットを定めた。 その後、ストーンが最終ホールで6mのパットを…
2017/06/30ヨーロピアンツアー公式

復活のワーリングがパリで首位発進

留めた。 3アンダーにはクリストファー・ブロバーグ、ジョージ・クッツェー、リカルド・カールベリ、パブロ・ララサバル、アドリアン・オタエギ、アドリアンサディア、そしてアンディ・サリバンがつけており
2018/09/10ヨーロピアンツアー公式

“山の神”フィッツパトリックが大会連覇

8位タイにはダレン・フィチャートとシャール・シュワルツェルの南アフリカ人コンビ、米国のダグ・ギーム、タイのパチャラ・コンワットマイが入った。 この日、192ヤードの13番ではフランスのアドリアン
2018/01/13BMW SAオープン

ツアー未勝利のA.サディアら首位に浮上

◇欧州男子◇BMW SAオープン 2日目(12日)◇グレンダワーGC(南アフリカ)◇7594yd(パー72) ともにツアー未勝利のアドリアンサディア(フランス)とクリス・ペイズリー(イングランド…
2015/03/27ハッサンIIトロフィー

松村道央が首位と7打差52位、岩田寛は棄権

コンディションの中でスコアは伸び、1イーグル、5バーディの7アンダー「65」をマークした22歳、アドリアンサディア(フランス)が首位に立った。 6アンダーの2位にはダニエル・ガーント(イングランド)。5
2020/10/17スコティッシュ選手権

ウォレスが首位に並ぶ 川村昌弘は8戦ぶり予選落ち

。 2週前の「ASIスコットランドオープン」で優勝したアーロン・ライ(イングランド)が1打差3位で、当地との相性の良さを見せている。未勝利のアドリアンサディア(フランス)がさらに1打差の10アンダー4位…
2018/01/14BMW SAオープン

C.ペイズリーが初優勝に前進 首位で最終日へ

)。世界ランキングで今週のフィールド最上位(30位)につける優勝候補の筆頭が、4位から首位に肉薄した。 通算12アンダーの3位にジャック・ブラウ(南アフリカ)、チェイス・ケプカ(アメリカ)、首位から後退したアドリアンサディア(フランス)の3人が続いた。
2019/10/28ポルトガルマスターズ

イングランドの32歳ブラウンが初優勝

イーグル3バーディの「66」でプレーし、通算17アンダーとしてツアー初優勝を遂げた。 通算16アンダーの2位にブランドン・ストーンとジャスティン・ウォルターズの南アフリカ勢。アドリアンサディアが通算15アンダーの4位に入った。
2020/03/02オマーンオープン

フィンランドの21歳がツアー初優勝/オマーンオープン

並ぶ大混戦で、最終日をスタート。「70」で回った2人がプレーオフに進んだ。 アドリアンサディア(フランス)が通算12アンダーの3位。ミッコ・コルホネン(フィンランド)とグイド・ミグリオッティ(イタリア)が通算11アンダーの4位で終えた。