2020/06/25プラス1

「背骨」意識してますか? 正しい姿勢でスコアアップ

多くのゴルファーに共通する身体の悩みとして、「背骨の可動域の狭さ」が挙げられます。背骨を柔軟に動かすことができないと、猫背で前かがみの姿勢になり、正しいアドレス姿勢を保つことが困難になります
2016/06/20今さら聞けないスイングの基礎

スイングでは背骨と右脚、2つの軸を意識しよう!

でまず頭に入れておきたいのはスイングの軸です。結論から先に言えば、スイングで意識すべき軸は背骨と右脚の2箇所にあります。この2軸をキープすることによって、しっかりと体幹が捻じれ、スイング軌道のブレが
2020/09/10プラス1

これで疲れ知らず? バテない体を作る筋力トレーニング

スイングにおいて重要な肩・背骨・骨盤の安定性を向上させるトレーニングを紹介します。 ハイプランク・ショルダータッチ 1:両手・両足つま先を床につけて、腕立て伏せ(ハイプランク)の姿勢をとります。 2
2018/02/03ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>背中のストレッチ

「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」は背骨の両側の筋肉群 脊柱起立筋は背骨の両側を縦に長く走る筋肉群です。一つの筋肉を指すのではなく、複数の筋肉で構成されています。 脊柱起立筋は大きく3つに分類さ
2018/03/29サイエンスフィット レッスン

スライサーなら絶対に改善したい2大ポイント【後編】

を保つ意識を持っているようですが、頭を固定すると顔を動かさないようにしてしまい、理想的な軸回転ができなくなってしまいます。スイング軸は背骨に沿った背中側が中心です。ところが、頭を動かさないように意識し
2016/01/21サイエンスフィット レッスン

頭が動かないと飛びません!

、リバーススイング気味になりすくい上げる傾向にもつながるのですが、根本的には体が突っ込むダウンブローになりやすいスイングといえます。 トップで背骨が立ってみえます・・・ プロのテークバックと比較してみましょう
2016/12/15サイエンスフィット レッスン

100をコンスタントに切るためのスイング改善【2】

十分に胸が回転せず、クラブを下ろす空間もないので、そもそもインサイドアウトに振ることができないのです。 軸キープといっても意識するのは右膝のみ! 軸が保たれたスイングでは、首筋から背骨に沿ったラインが
2018/06/21サイエンスフィット レッスン

腰が正しく回ればアタマは残る!【前編】

よりも頭が右に大きく動いたように見えますが、背骨のスイング軸が保たれており、正しい軸回転ができていると、このように、かなり頭が残るフォローになります。 一方、星さんのインパクトでは、アドレス時の頭の位置
2018/11/25女子プロレスキュー!

バンカー越えは上げずに上がる構え方 セキ・ユウティン

で考える ポイントは、通常通り股関節から前傾をとった後、背骨を意識して右に倒すことです。背中の軸を意識することで腕の動きに捉われず、スイング中も同じ位置をキープしやすくなります。 3. 左足体重で
2017/06/29サイエンスフィット レッスン

「振り遅れ」じゃなく「腕遅れ」って何?

、左足下がりのライから打っているようなスイングなので、ダウンブローが強まってしまうのです。 顔は動くのが正解! プロと菅野さんとの違いは、スイング軸です。プロは頭が動いているように見えても、背骨の軸や傾き
2013/04/12アメリカNo.1ゴルフレッスン

パッティングのアドレスをプロと徹底比較!

。こちらもどこか窮屈で、不自然な感じが見受けられますが、何がこうした印象を与えているか、分かりますか?注目すべきは背骨の傾きです。グリップは右手の方が左手よりも下を握るので、アドレスでやや右肩が下がるのが
2014/03/10春待ちマストドリル

第4回 目を閉じて打てますか??

、テークバックで体が起き上がれば、スイング軸となる背骨が起き上がり、その起き上がった分を、ダウンで突っ込むように調整する必要が出てきます。こうした人は、目を閉じるとうまくボールに合わせられなくなり、当てること
2015/07/22サイエンスフィット レッスン

お尻をキープすれば勝手に軸は保たれる!

軸を保つ意識は背骨にあらず! スイング軸は、首筋から背骨に沿った背中側にあります。しかし、この軸を前後左右にブラさないように意識しても、なかなか思い通りにはいかないという人も多いのが実情です。軸を