最近のニュース 新着一覧≫


2018/08/21優勝セッティング

アイアンの軽量シャフトが鍵 B.スネデカーの優勝ギア

。 スネデカーはキャビティバックのツアーモデルである、ブリヂストンJ15 CBアイアンを使用。興味深いことに、アイアンにスチールシャフトを使用する大半のプロとは異なり、標準的なスチールシャフトより30g軽量の
2018/04/24優勝セッティング

アイアンシャフトを変更 ランドリー初優勝のクラブ

「バレロテキサスオープン」で初優勝したアンドリュー・ランドリーは今大会を前にアイアンシャフトとロフトを変更した。 ピンiブレードアイアンのシャフトをKBSツアーのSから日本シャフトNSプロ
2019/02/16クラブ試打 三者三様

TW747 P アイアン/ヘッドスピード別試打

、高弾道で飛距離を追求したポケットキャビティ構造の「TW747 P アイアン」をピックアップ。ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が試打し、評価した。 試打者はドライバーのHS30台の女子プロ
2019/02/09クラブ試打 三者三様

ツアーB X-CB アイアン/ヘッドスピード別試打

「B」の本格派モデル、前作と徹底比較 ブリヂストン「ツアーB X-CB アイアン」は、ツアープロの支持を得る軟鉄鍛造キャビティとして、やさしさもありながらシャープな形状という中上級者向けモデル
2019/02/02クラブ試打 三者三様

インプレス UD+2 アイアン/ヘッドスピード別試打

? 「とにかくやさしいし、つかまります。アイアンはフェースを分厚く造らなくても、ヘッドとシャフトの全体像で飛距離が作れて、うまくつかまえられることを教えてくれるモデルと言えますね」 ■筒康博(46) 変幻
2018/12/25マーク金井の試打インプレッション

飛んでやさしい硬派アイアン「ブリヂストン ツアーB X-CBP」

クイッと小さくしなる。軽量スチールだが、同社の「NSプロ 950GH」に比べると手元のしなり感を感じやすいシャフトである。 まずは9番アイアンから打ってみた。インパクトではフェースの弾き感が手に伝わり
2018/12/15クラブ試打 三者三様

スリクソン Z785 アイアン/ヘッドスピード別試打

Z785 vs Z765、7シリーズも新旧打ち比べ 多くのツアープロやトップアマが使用する住友ゴム工業「スリクソン Z」シリーズ。「スリクソン Z585 アイアン」のレビューに続き、今回はより精悍で
2018/12/08クラブ試打 三者三様

スリクソン Z585 アイアン/ヘッドスピード別試打

Mahana)カーボンシャフト」。フレックスは西川がR、筒と万振りマンがSを使用。比較する前モデル『Z565 アイアン』は「NSプロ 980GH DST スチールシャフト」でフレックスはそれぞれ同じもの
2018/12/22クラブ試打 三者三様

M グローレ アイアン/ヘッドスピード別試打

159cm。 筒康博「ウッドのような直進性」 ―率直な印象は? 「形はアイアン、見た目もアイアンシャフトの長さもアイアン。ただ打ってみると、まるでウッドのような直進性と飛距離を生むクラブだな、といった
2018/11/13マーク金井の試打インプレッション

圧倒的なつかまりの良さ「ヤマハ インプレス UD+2 ドライバー」

でシャローなところは前作ゆずりである。 ヘッドは鮮やかなブルーで、アドレスするとまず目に入ってくるのが、フェースプログレッションの少なさ。一般的なドライバーは、構えるとシャフトよりもフェース面が少し前
2019/01/29優勝セッティング

ローズ&本間ゴルフで初優勝 世界1位が選んだ11本

ツアーワールド TW-W ウェッジ ローズプロト(48度、52度、56度) ドライバーは昨年11月に発売された最新モデル「TW747 460」を使用し、シャフトは同社の純正モデルを採用している。アイアン