2019/11/05優勝セッティング

ピン契約2年目で4季ぶり勝利 ハン・ジュンゴンの14本

同じ『ピン G410 LSTドライバー』を使用する。今大会のフェアウェイキープ率はフィールド1位の62.5%を記録し、ドライビングディスタンスでも7位(293.63yd)と上位にランクインした。 3番
2019/11/12優勝セッティング

世界の壁もなんなく突破 鈴木愛の優勝ギア

応変に対応している。 「ニトリレディス」から使っている大型ヘッドのマレットパターも絶好調。今大会の平均パット数はただひとり、27を切って、26.33と1位を記録した。残り3戦となった国内女子ツアーの賞金
2019/10/07優勝セッティング

今季からキャロウェイと1W契約 S.ノリスの優勝クラブ

さは44インチから45インチ、重さは60グラム台から70グラム台に微調整が施されている。 4日間を通して強い風が吹き抜ける中でパーオン率1位(72.22%)を記録したアイアンは、昨年からX
2019/09/30優勝セッティング

武藤俊憲の4季ぶりVを呼んだ 9月新発売のアイアン

俊憲が4季ぶりの優勝を飾った。厳しいラフが待ち受けたコースで、全選手中最多の26バーディを記録。前年度の賞金王・今平周吾には4打差、今季賞金ランキングトップの石川遼には5打差をつけて退けた。 今シーズン
2019/08/27優勝セッティング

小柄な体で飛ばして初V 浅井咲希の優勝ギア

いうが、「やっぱり小さいから飛ばないとか言われたくなくて飛距離を伸ばしてきた」。大会3日間を通してドライビングディスタンスは平均257.5ydで全体5位を記録した。 パターは「今年に入ってからクローグ
2019/09/16優勝セッティング

高精度のショットで独走V 畑岡奈紗の優勝ギア

ただひとり。2位に8打差をつける圧勝で国内メジャー3勝目を達成した4日間のスタッツは、フェアウェイキープ率が78.6%で全体19位。パーオン率は86.1%で同1位を記録した。 大会開幕前の火曜日、畑岡
2019/08/06優勝セッティング

新アイアンを武器に 成田美寿々の優勝ギア

)を9Iで1.5mに寄せてバーディ発進とするなど、4日間通して平均パーオン率は81.9%(全体8位)を記録した。 <最終日使用ギア一覧> ドライバー:キャロウェイ エピック フラッシュ サブゼロ
2019/07/15優勝セッティング

三菱ケミカルの最新シャフトで初優勝 S.ランクンの14本

と、グリーンを狙いやすくなる。自信を持てました」と、最終日のフェアウェイキープ率は86%を記録した。 クラブは母国でプレーしていたときから提供をうけるピン製で14本をそろえる。ドライバーはピン
2019/07/30優勝セッティング

稲見萌寧の初優勝ギア 「ATTAS」最新シャフトを投入

」。しっかりと沈め、こぶしを突き上げた。 「フェースコントロール」を得意とする稲見。大会3日間を通して、パーオン率は全体3位の79.6%を記録した。1Wには未発売の最新シャフト「ATTAS JACK
2018/09/03優勝セッティング

富士桜で記録的スコア 星野陸也の初優勝セッティング

の5番(パー4)では、初日341yd、2日目351ydを記録。緩やかに左にドッグレッグするホールのため、フェアウェイを突き抜け奥のラフまで飛んでしまい、愛用するエース1W(ダンロップ スリクソン Z
2019/07/02優勝セッティング

ランの出にくいコースで新1W投入 星野陸也の優勝ギア

.10ydのドライビングディスタンスを記録する第1打は、キャリーを含め数yd伸びた感触がある。「あとは、最近飛ばすだけじゃなくて、飛ばしてフェアウェイにもしっかり置けるように意識している」と3日間で全体
2015/01/13マーク金井の試打インプレッション

タイトリスト 915 D3 ドライバー

発売以来大ヒットを記録しているタイトリスト915Dシリーズ。ゴルファーの切実な悩みは、この連載で2014年11月25日に登場した915 D2 ドライバーにするか、今回インプレッションする、アスリート