2013/09/27ツアープロのルーティン

矢野東のルーティン

ルーティンではオーバー目に行う フェードヒッターの矢野選手らしいルーティンですね。具体的には、まずひとつはアドレスした時のスタンスの向き。体がバンカー方向を向いているのが分かると思います。また
2012/12/10ツアープロの動画レッスン

矢野東のアイアンレッスン

真上からボールを潰すイメージ プレーンより少しクラブを立てて、真上からボールを潰せるような、そしてターフをしっかりと取っていけるような打ち方を目指している。 ボールを上げようと思うと、どうしてもクラブを下から入れてしまう傾向があるが、そうすると逆にボールは上が…
2012/10/03ツアープロの動画レッスン

矢野東のドライバーレッスン

ショットの目的を明確に 打つ前に、どこに飛んで行ってもいいから飛ばしたいホールなのか、もしくはしっかりフェアウェイをキープしたい場面なのかをしっかりと決めてショットに臨む。中途半端な気持ちはミスを生む。 飛ばしたいときは、ティアップを高くしてアッパーブローで打…
2013/08/14サイエンスフィット

そのチーピンの深刻度を探る!

ていないことが、見て取れます。(右は矢野プロ) テークバックで腰は正しく回っているか? サイエンスフィットでは、ほとんどのスイングの問題の根本原因を、アドレスやテークバックに見出すことができます
2013/08/28サイエンスフィット

コンパクトに振れないワケ

回り過ぎるので、トップでクラブがクロスしがちです(右写真は矢野プロ)。このようなトップからダウンスイングに向かうと…。 クラブが大きく寝て下りてきます 腰が余計に回り過ぎ、トップでクロスするほど振り
2015/01/07サイエンスフィット

初心者はグリップと体の回転を覚えよう!

コツを覚えて意識を改めれば、すぐに開眼できますよ。松尾さんも初心者の典型的なケースです。当てようとするから、体の動きが悪くなってしまうのです。(右写真は矢野プロ) 当てようとすれば、体が止まります
2014/05/07サイエンスフィット

アプローチはダウンブローが正解!

修正しておきましょう。(右写真は矢野プロ) 胸を回してテークバック 腕がローリングしてしまう人は、決まって手元が先行して上がっています。そして、腕が腰の高さに達するときには、クラブヘッドが腰の高さを
2013/08/21サイエンスフィット

自分に最適なフェースの向きを探る!

、肩の真下につま先がきます。(右写真は矢野プロ) 右腰でインパクトするイメージを! 正しい腰の回転ができているか、知る方法があります。右手1本でボールを打ってみてください。そうすると、球はほとんど
2013/08/07サイエンスフィット

アイアンだけが大きく乱れる謎

こと。より精度を求められるアイアンショットでは、こんな風に大きくお尻が前に動くのはNGです。(右は矢野プロ) お尻が前方に動くと手元が浮きます ドライバーはこのままのスイングで、特に今すぐに直す必要
2013/06/26サイエンスフィット

時代遅れなボールポジションになっていませんか?

上げるような打ち方はほとんどしません。ヘッドスピードのある男子プロはむしろレベルブローのインパクトにしたいので、正面からみると結構ボールの位置が内側に入っていることが分かります。(写真は矢野プロ
2013/07/03サイエンスフィット

トップボールが止まらない!?

できるはずです。 インパクト時の右ももの位置に注目! まずは、プロのインパクトを見てみましょう(写真は矢野プロ)。特に、右もものポジションに注目してください。プロのインパクトでは、アドレス時のグリップ
2013/06/19サイエンスフィット

プレーン改善に効く!右手1本スイング

手首が甲側に折れていて、直角三角形になっていないですよね。どこを改善すれば良いでしょうか?(右写真は矢野プロ) 右手1本だと誰でもプレーンに乗る! 問題個所にクローズアップする前に、右手1本でクラブ
2013/04/17サイエンスフィット

球が上がり過ぎる原因を究明!

な状態です。ダウンスイングでズレた軸を戻す調整が必要なスイングなので、上下の進入角が不安定になってしまうのです。(右写真は矢野プロ) 過剰な腰の回転に注目! スイングの軸を保つように意識するといって
2013/02/27サイエンスフィット

リストワークを最大限に生かすコツとは?

一体になって動き、クラブが胸の正面に保たれる形になります。(右写真は矢野プロ) 8時の位置までクラブを体の正面にキープ 腕がローリングして、クラブが寝て上がれば、ダウンスイングでも寝て下りてきます
2013/01/16サイエンスフィット

緩やかに上げれば緩やかに下りる!

上がった状態ですが、熱海さんの場合、すいぶんヘッドの位置が高く上がっていってますよね(左写真は矢野プロ)。このようにテークバックでクラブが鋭角的に上がれば、鋭角的に降りてきます。これがダウンブローが
2012/11/14サイエンスフィット

スムーズな腰の回転を完全マスターする極意!

ターゲットラインに対して、右前方に突き出してしまっているんですね。インパクトで腰が回転せず、前方に突き出すために、腕の抜け道が詰まってしまっているんですね。(右写真は矢野プロ) アドレスでしっかりと腰を
2014/05/21サイエンスフィット

隠れアウトサイドインを改善!

をできるだけ抑えて、体の回転で振ることに徹した方が、うまく振れるタイプなのです。 リストターンタイプのプロと比較 リストターンタイプのプロ(写真右、矢野プロ)のフォローを見てみると、腰が完全に開く前
2012/10/10サイエンスフィット

7割のゴルファーができていない基本に迫る!

正面からクラブが外れることがなく、ダウンスイングの軌道は、意識しなくても自然にプレーンに乗って降りてくるようになります。(右は矢野プロ) ハーフバックのセルフチェック法 ハーフバックで胸が回らず、手
2013/05/15サイエンスフィット

突然、不安定になる人はココを疑え!

ことで、フェースが大きく開いて、さらにクロスしてヘッドが落ちます。ダウンスイングではクラブが寝て大きくフェースが開いたものを、リストワークで巧みに調整している感じですね。(右写真は矢野プロ) 実は
2012/01/04サイエンスフィット

左の壁が上達の壁!!

し続けていると、なんとか腕の通り道を作ろうとして、今度は腰を左に突き出すような動きになってしまいます。右の矢野プロのインパクトと比べてみてください。 左の壁は忘れて体を一気に回すこと! ボディ