2021/11/28カシオワールド

宮里優作が2位フィニッシュで最終戦滑り込み 片岡尚之ら5人が初出場

連続13回目) 石坂友宏(2年連続2回目) 永野竜太郎(5年ぶり3回目) 大岩龍一(初) 時松隆光(6年連続6回目) トッド・ペク(2年連続2回目) 宮里優作(3年ぶり9回目) 阿久津未来也(2年連続2回目) 上井邦裕(9年ぶり3回目) 片山晋呉(2年連続22回目) 古川雄大(初)
2021/11/19ダンロップフェニックス

秋吉翔太が単独首位浮上 1打差2位に古川雄大

・スリクソン福島オープン」以来となるツアー3勝目へ、通算10アンダーとして単独首位に浮上した。 「66」で回った古川雄大が通算9アンダー2位。通算8アンダー3位に片岡尚之と杉本エリックが並んだ。 前週
2021/09/03フジサンケイクラシック

今野大喜が首位発進 第1ラウンドが終了

が6アンダーとして、首位発進を決めた。 2打差の4アンダー2位に前週優勝のスコット・ビンセント(ジンバブエ)。アマチュアの杉浦悠太(日大2年)、古川雄大、大西魁斗、幡地隆寛、リュー・ヒョヌ(韓国)ら
2021/09/02フジサンケイクラシック

初日は濃霧で順延 首位は前週覇者のビンセント

首位に並んでいる。 1打差3アンダー6位にはいずれもホールアウトしたアマチュアの杉浦悠太、H・W・リュー(韓国)、古川雄大、大西魁斗、ジャスティン・デロスサントス、幡地隆寛に加え、14ホール終えた金谷
2021/06/11LANDIC CHALLENGE 8

34歳の安本大祐がプロ初優勝/男子下部

、1ボギー1ダブルボギーの「68」でプレーし、通算11アンダーで逆転優勝した。キャリア13年目の34歳がプロ初勝利を遂げた。 1打差2位に前週の「日本ツアー選手権 森ビル杯」で2位だった古川雄大と、副田
2021/06/06日本ツアー選手権森ビル杯

29歳・木下稜介がメジャーでツアー初優勝 2位に5打差圧勝

緩めることなく前半からスコアを伸ばし、4バーディ、1ボギーの「68」でプレー。後続に5打差をつける通算14アンダーで、プロ9年目にしてツアー初優勝をメジャー大会で飾った。 古川雄大が通算9アンダー2位
2021/06/05日本ツアー選手権森ビル杯

木下稜介が首位堅守 4打差2位に大岩龍一と古川雄大

迎える。 4打差の通算7アンダー2位に大岩龍一と古川雄大がつけた。アマチュアの杉原大河(東北福祉大)が通算6アンダー4位。 通算4アンダー5位にジェイ・チョイ(米国)とアンソニー・クウェイル
2021/06/04日本ツアー選手権森ビル杯

2日目は日没順延 木下稜介が首位浮上

の「68」でプレー。通算7アンダーで暫定首位に浮上し、後続に4打差をつけた。 通算3アンダーに古川雄大、上井邦裕。通算2アンダーにアマチュアの杉原大河、アンソニー・クウェイル(オーストラリア)が続いた…
2021/06/03日本ツアー選手権森ビル杯

竹谷佳孝が単独首位発進 1差2位に矢野東

at ザ・ロイヤルGC」以来、3年ぶりの首位発進となった。 5アンダー2位に矢野東。4アンダー3位に香妻陣一朗、木下稜介、古川雄大が続いた。 前回覇者の堀川未来夢が3アンダー6位につけたほか、今大会初の
2020/10/22ディライトワークスチャレンジ

三浦桃香は最下位で予選落ち 首位に蛭川隆ら3人/AbemaTVツアー2日目

ベストスコア「63」でプレーした河野祐輝のほか、幡地隆寛、上井邦裕、古川雄大が並んだ。 推薦で今季2度目の男子下部ツアー出場となった三浦桃香は6オーバー112位から出て1バーディ、3ボギー2ダブルボギーの「76」とし、通算12オーバー120位の最下位で予選落ちした。
2020/10/21ディライトワークスチャレンジ

三浦桃香は112位 副田裕斗ら3人が首位発進/AbemaTVツアー

金智宇(韓国)、小野田享也の3人が並んだ。副田と金は1イ-グル6バーディ、2ボギーの「64」、小野田は1イーグル5バーディ、1ボギーの「64」とした。 5アンダー4位に安本大祐、吉村明恭、黒崎蓮、古川