2010/10/14スピード上達!

短いアプローチの距離感が掴めません

「30ヤード以内の距離感が全然わかりません」 「30ヤード以内の短いアプローチがとっても苦手です。ショートしたりオーバーしたり、アプローチの距離感が全然分からない。縮こまってしまいミスショットも多いですね。ここで、もっと寄せることができれば、もう少しスコアが縮まると思うんですけど・・・」(會沢さん、ゴルフ歴7年) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西 右手で距離感を出しやすい打ち方に 見たところ、普通のアイアンショットのように構えていますが、短いアプローチなら、右手の距離感を出しやすい打ち方にした方がいいでしょう。具体的にはランニングアプローチ。手前にハザードがなければ、転がす打ち方が一番距...
2010/08/19スピード上達!

初ラウンドでのアプローチが不安です・・・

「アプローチで準備すべきことは何ですか?」 「本物の芝の上からのショットも不安ですが、特に初ラウンドで不安なのはアプローチ。しっかり当てられるかどうかも不安だし、距離感も間違いなく困ると思います・・・」(田中さん、ゴルフ歴2ヶ月) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西 半分の振り幅で臨みましょう! 初ラウンドでアドバイスしたいことは2つ。一つは、あまり欲張ってたくさんの課題を持たず、いくつかの課題を決めて臨むこと。そして、女性で体力に自信がなければ、全ホール回りきろうとしないことです。さて、アプローチの最初の課題としては、まず半分の振り幅だけで臨みましょうか。 腰から腰の幅だけを徹底練習 ア...
2010/11/04スピード上達!

野球の感覚をゴルフに活かしたい!投球編

「野球の投球でスイングに活かせるところは?」 「ゴルフのスイングは、野球のピッチングのイメージが参考になると聞きました。具体的には投球のどんな感覚を意識すれば、スイングの向上に役立つのでしょうか?」(山田さん、ゴルフ歴1年) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西 イメージ的にはアンダースローです 確かに、野球で参考になる動きは、どちらかというとバッティングよりもピッチングなんです。特に、オーバースローよりもアンダースローの投球動作が、大いにゴルフスイングの参考になりますよ。 右手のひらでボールを捉える感覚 あくまで感覚的な話になりますが、実際にアンダースローをやってみると、正しいスイングのイ...
2011/05/17上達ヒントの宝箱

畳一畳でできる!おウチでエコ練 第五弾「ラウンド前日と当日のセッティング」

1.初めて訪れるコースは、ウェブで情報収集 ラウンド前日になると、ゴルファーの心はワクワクドキドキするもの。私だってプロになってからも、やはり皆さんと同じようにラウンド前夜はコーフン気味です(笑)。 さて、皆さんはラウンド前日に何か準備をしていますか? よくラウンドしているコースなら勝手知ったるものですが、初めて訪れるコースの場合には、それなりの準備が必要です。まずやっておきたいのは、インターネットを使った情報収集です。ウェブで検索すれば、コースレイアウトやヤーテージ、天気や風の強さを簡単に調べることできます。 2.パー3のヤーテージは、特にチェック! プロゴルファーの多くは、ラウンドするゴル...
2010/09/16スピード上達!

ゴルフでNGな野球の癖は何ですか? -その1-

「野球のスイングをゴルフに生かしたい!」 「以前、野球をやっていましたが、ゴルフのスイングは野球のようにはいかないことを実感してます。でも、その違いが何なのか、分かりません。野球のスイングを生かしつつ、ゴルフに通じるポイントを教えて欲しいです!」(山内さん、ゴルフ歴1年) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西 振る基本は同じですが・・・ 体重移動や肩の使い方など、振る基本は同じ。男子たるもの、子供の頃、野球に親しんだ経験をゴルフスイングにも大いに生かしたいですよね。しかし、大きな違いもあります。そこを意識して練習しないと、悪い癖が染みついてしまう可能性も大。では、何が違うのでしょうか? 野球...
2010/05/21スピード上達!

女性特有の担ぎ上げスイングを治そう!

クラブ府中 どうして担いじゃうのか? 今回の受講はゴルフ歴1年の市澤さん。現在のお悩みは「コースでは、遙か彼方に感じるグリーンを見て、途方に暮れるばかり。ちっとも飛ばないし、しかも真っ直ぐ行きません
2010/10/28スピード上達!

野球の感覚をゴルフに活かしたい!

を活かしつつ、右膝の位置はキープする。ステップするのではなく、下半身をしっかりと固定し、体の捻れを使って打つのがゴルフスイングなんです。 ボールを掴まえる感じが出てきました! 野球経験は、ボールを
2010/09/23スピード上達!

ゴルフでNGな野球の癖は何ですか? -その2-

「野球打ちだとスライスになるのは何故?」 「野球と違って、ゴルフでは腰が流れたり浮いたりしないよう、9時から3時の間では、おヘソが下に向くよう意識しています。ビッグスライスは軽減しましたが、それでもやはりスライスが出ています。他に野球の癖でNGなところはありますか?」(山内さん、ゴルフ歴1年) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西 野球感覚だとテークバックで開きます いつものスイングで、クラブを腰の高さまで上げてみてください。ここまで上げた時点で、かなりフェースが開いてしまっているのが分かりますか?バッティングのような感覚でテークバックしているからです。 これが腰の高さでの正しいフェースの向...
2010/08/23上達ヒントの宝箱

アプローチのワザを磨く原点「ピッチ&ラン」

アプローチのワザを磨く原点「ピッチ&ラン」 これから10回に渡ってお届けするのは、アプローチのワザをとことん磨く集中レッスンです。第1回目は、「ピッチ&ラン」についてお話しいたしましょう。さまざまなワザに通じる、最もベーシックなショットなので、しっかり身につけてくださいね。 アプローチウェッジを使いましょう 理想的なピッチ&ランのショットのイメージは、キャリーとランが半々くらいです。従って、サンドウェッジでは上がって転がりにくく、ピッチングウェッジではランが多くなってしまうので、その中間となるアプローチウェッジを使うことをオススメします。 グリップの中央くらいを握る ピッチ&ランは、高く上げる...
2010/08/30上達ヒントの宝箱

転がせるときは迷わず「ランニングアプローチ」

転がせるときは迷わず「ランニングアプローチ」 さまざまな状況に合わせて、もっともミスの確率が少なく、寄る確率の高いアプローチを選ぶ。そんな引き出しが多いほど、ショートゲームが楽しくなるし、スコアもまとまってきます。転がせるときは迷わず転がせるよう、「ランニングアプローチ」をマスターしましょう。 迷わず転がすべきシーンとは? たとえば、グリーンエッジ近くで、ピンまでは遠い状況のアプローチ。この状況で、わざわざ高く上げて、ピンの根元に落として止めるショットは必要ありませんよね。振り幅が小さいのでミスが断然少なく、ラインのイメージも出しやすい「ランニングアプローチ」をチョイスするのが得策です。 PW...
2010/06/24スピード上達!

右に行く人はグリップを再確認しよう!

「きっとグリーンにはたどり着けません・・・」 「コースデビューに向けて、練習に励んでいる私ですが、打ちっ放しでは右にしかボールが飛びません。ひどいときには、45度くらい右へ右へと一直線です。このままの調子じゃ、初ラウンドでグリーンまでたどりつけそうもありません・・・」(望月さん、ゴルフ歴3ヶ月) 【撮影協力】コナミスポーツクラブ府中 フェースが開いたまんまで当たってます 右45度とまでは行きませんでしたが、フェースにボールが当たった瞬間から、いきなり右へ飛んでいますね。つまり、フェースが開いたまんまでボールに当たっているんです。でも、どうして開いちゃうのでしょうか? 普段のグリップがまずNGで...