2016/04/21サイエンスフィット レッスン

左手に対して一定のシャットで握る方法

テークバックすれば、フェースは必ず開きます。そこで、グリップの時点であらかじめシャットフェースになるようにしておくのです。これが、初心者が短期間で上達するための大きなポイントとなります。 シャット…
2015/01/21サイエンスフィット

テークバック初動の意識で手元の浮きを解消

フェード系で、アイアンはドローというズレが気になり、特にアイアンはドローが強すぎてしまうというのが悩みだ。初心者からプロまで、どんなレベルの人でも、サイエンス・フィットはそのお悩みを一発解決いたします…
2011/11/02サイエンスフィット

ゼロからプロのようなスイングへ(1)

今回から、一人の初心者を定期的に指導していく、新たなミッションを開始!ゴルフを始めて間もないゼロの状態である女性受講を、果たしてプロのような美しいスイングへと導くことができるのか?サイエンス…
2014/01/21スコアアップに繋がる13の法則

第11回 迷いがミスを生む

、道具の迷いが負のスパイラルに陥る 初心者、中級のほとんどは、技術に迷っていることでしょう。雑誌を読んでは日々新しいことを試し、基本動作が無くなってしまっている人が多いものです。これでは安定した…
2021/07/14ゴルフ・トライアウト無限大2

ティモンディ“本職”野球とのミックスルールでパー4を攻略せよ

ゴルフの楽しさを知ることができます。 初心者あるある 高岸さんは直近のレッスンで、インパクトからフィニッシュにかけて、ターゲット方向に体重を移動させる動きを習得してきました。しかし、ゴルフ場に来たことで
2010/05/26サイエンスフィット

上級者の悩みからスイングの真髄に触れる!

初心者もおおいに参考にすべき、スイングの真髄がある!! 上級の抱える悩み ラウンド中、それまで気持ち良く振り抜いていたのに、一度、極端なフックボールが出ると、当然左が怖くなります。左OBがある場合は…
2013/01/16サイエンスフィット

緩やかに上げれば緩やかに下りる!

てきます。8時までのテークバックを徹底的に身につければ、よりダウンスイングが緩やかな軌道を保ち、インパクトの感覚も変わってくるはずです。8時までの正しいテークバックは、前回お話したとおり、初心者から…
2010/02/17サイエンスフィット

今回の成果「初めてのドライバーショットに挑戦!」

が鳴り響く! 今回の受講は・・・ ここは初心者に敷居が高いと思われがちですが、ゴルフを始めたばかりの人こそ、正しい基礎を学ぶために、是非とも積極的に利用して欲しい場です。さて初見ですが、インパクトで…
2013/05/08サイエンスフィット

掴まえようとするほど掴まらなくなる理由

です。掴まりやすいクラブで練習すれば、アウトサイドインで下ろしたり、手をこねて掴まえようとしたりしなくても良いからです。これは、初心者の方にもオススメのクラブです。まずは、掴まりやすい状態で練習し、フックボールを打てるようにすることがスライスを脱し、スイングを高めていくための第一歩なんです。…
2013/01/23サイエンスフィット

球が飛ばない、上がらない!

軌道の方は、永津さんのように上げるケースが圧倒的に多いんです。 テークバックでフェースを開かせないことを徹底! 初心者に一からスイングを教える際に、ゴルフクラブは開きやすい道具であることをまず教えます…
2021/06/30ゴルフ・トライアウト無限大2

ドライバーショットが別人に! ティモンディ前田の課題解決編

いただいた方の中から抽選で、ティモンディのサイン入りグッズやゴルフテックのスイング診断無料券などをプレゼント! 前田さんの疑問は初心者あるある? モノにしつつあるアイアンショットでしたが、自主練習では
2013/02/25中井学のフラれるゴルフ

Lesson.1 ドライバーで転がそう!

しまう最大の原因は、「振る」という能動的なイメージに囚われてしまうからです。これを「振られる」という受動的なイメージに変えていくことで、ゴルフスイングは驚くほどシンプルになっていくものなのです。 初心者
2009/09/30サイエンスフィット

今回の成果「ヘッドスピードUP!飛距離も激増!」

アウトサイドイン軌道にあると見て間違いないでしょう。 初心者はまずクラブの構造を把握せよ どうしてダウンスイングでアウトサイドインの軌道になってしまうのでしょうか。その元凶は、テークバックでクラブが…
2013/03/04中井学のフラれるゴルフ

Lesson.2 プロのスイングを真似するな!

ヘッドが戻らず、ボールから遠ざかり、フェースが開いたままインパクトを迎えてしまうのです。初心者の方の空振りや、スライスから全然抜け出せない人は、腕だけで振ってしまった結果です。俗に言われる「振り遅れ」です