2021/05/27ヨーロピアンツアー公式

「メイド・イン・ヒマーランド」で知っておくべき5つのこと

2019年にデンマークでのチャレンジツアー。 一方、ロバートマッキンタイアとアンディ・サリバンは、ザ・ベルフライでのトップ10入りを経て、前週の「全米プロゴルフ選手権」に出場した複数の選手の中の2人で
2021/05/23全米プロゴルフ選手権

2021年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

マット・ウォレス 1 8:30 21:30 ロバート・ストレブキャメロン・デービス 1 8:40 21:40 バッバ・ワトソントム・ホジー 1 8:50 21:50 ジミー・ウォーカーアブラム・アンセル
2021/05/15英国マスターズ

ペパレルが首位で最終日へ 1打差に6人

アンダーの単独首位に立った。2018年以来のツアー3勝目へ向け、後続に1打差で最終日を迎える。 通算9アンダー2位にロバートマッキンタイア(スコットランド)、ディーン・バーメスター(南アフリカ
2021/05/14英国マスターズ

首位に3人の混戦 川村昌弘は予選落ち

◇欧州男子◇ベットフレッド英国マスターズ 2日目(13日)◇ベルフリー(イングランド)◇7310yd(パー72) 「66」をマークしたロバートマッキンタイア(スコットランド)と、カルム・ヒル(同
2021/04/06マスターズ

2021年「マスターズ」出場選手&資格

ラック マット・クーチャー マーク・レイシュマン シェーン・ローリー ロバートマッキンタイア(初出場) 松山英樹 ロリー・マキロイ コリン・モリカワ ケビン・ナ ホアキン・ニーマン ルイ
2021/04/01ヨーロピアンツアー公式

大願成就で「マスターズ」デビューへ マッキンタイア

「子供の頃からの夢」 ロバートマッキンタイアが2021年「マスターズ」の出場を確定させ、来週はオーガスタナショナルGCで子供の頃からの夢を現実に変えることとなる。 初出場した「WGCデル
2021/03/31ヨーロピアンツアー公式

「マッチプレー」デビューは成功 ビクトル・ペレスの前進

ビクトル・ペレス(フランス)は初出場だった「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」で、マーク・レイシュマン、イム・ソンジェ、ロバートマッキンタイア、そしてセルヒオ・ガルシアを退けて4位に入った
2021/03/27WGCデルマッチプレー

クーチャー、フリートウッドら決勝トーナメント進出 DJは敗退

・ジョンソンはケビン・ナに1ダウンで敗れ、グループ1からは欧州ツアーを主戦場とする大会初出場のロバートマッキンタイア(スコットランド)が勝ち上がった。 トミー・フリートウッド(イングランド)がブライソン
2021/02/04ヨーロピアンツアー公式

「サウジインターナショナル」で知っておくべき5つのこと

リストで最大の動きを見せたのはポール・ケーシー、ロバートマッキンタイア、そしてビクトル・ホブランの3人だった。 ケーシーはヨーロピアンポイントリストで順位を37上げて14位に浮上し、世界ポイントリスト
2021/02/01オメガドバイデザートクラシック

金谷拓実が欧州ツアー初参戦で9位 優勝は43歳ケーシー

大会を締めくくった。プロとして初参戦の欧州ツアーでいきなりトップ10入りを果たし、2試合目の次週「サウジインターナショナル」に向けて弾みをつけた。 通算13アンダーの2位にブランドン・ストーン(南アフリカ)。ロバートマッキンタイア<…
2021/01/31オメガドバイデザートクラシック

ポール・ケーシーが単独首位 金谷拓実は22位で最終日へ

、単独首位に抜け出した。 1打差の通算14アンダー2位にロバートマッキンタイア(スコットランド)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)が通算13アンダー3位で続いた。 セルヒオ・ガルシア(スペイン)と
2021/01/30オメガドバイデザートクラシック

金谷拓実5打差19位で決勝へ 川村昌弘は予選落ち

アンダーの単独首位に立った。 ロバートマッキンタイア(スコットランド)が1打差。トミー・フリートウッド(イングランド)とジャスティン・ハーディング(南アフリカ)、カル・サモーア(フィンランド)の3人が
2020/12/11DPワールド ツアー選手権 ドバイ

フリートウッドが2打差5位発進 最終戦初出場の川村昌弘は26位

・ファンローエン(南アフリカ)、ロバートマッキンタイア(スコットランド)がつけた。 大会優勝により無条件で年間王者戴冠となるポイントレース2位のトミー・フリートウッド(イングランド)は3アンダー5位
2020/12/09ヨーロピアンツアー公式

「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」で知っておくべき5つのこと

チャレンジツアーからの昇格を果たした選手でもっとも活躍した選手には、年間最優秀昇格選手賞が贈られる。昨年この賞を獲得したロバートマッキンタイアの足跡を辿るレースもまた、白熱した展開となっている。先週の