2021/01/19進藤大典ヤーデージブック

飛距離以外“オール5”のケビン・ナ 4季連続Vの陰に名参謀アリ

ありました。 昨シーズン「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」でパトリック・カントレーを撃破してイメージを払拭(ふっしょく)。サンデーバックナインの混戦をひょうひょうと抜け出した姿からは…
2014/08/05PGAコラム

パワーランキング:全米プロゴルフ選手権

。 11位:パトリック・リード 昨年の「ウィンダム選手権」でのPGA初勝利からはや1年。その間に3勝に増やし、父親にもなり、さらに初参戦の「WGCブリヂストン」では4位タイと好成績を残した。 12位
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

位にはフランスのロマン・ランガスクが入った。さらに2打後方の10位には、イングランドのロス・フィッシャーとリー・ウェストウッド、デンマークのヨアキムB・ハンセン、スコットランドのスコット・ジェイミソン、イタリアのグイド・ミグリオッティ、そして米国のパトリック・リードが並んだ。
2015/10/07ザ・プレジデンツカップ

勝たねばならぬ米国 スピースは希望通りD.ジョンソンと

試合でコンビを組む。対戦相手は地元・仁川生まれのダニー・リー(ニュージーランド)とマーク・レイシュマン(オーストラリア)となった。 キャプテンのジェイ・ハースによれば、6月の「全米オープン」の…
2020/09/10PGAツアーオリジナル

2020年ギアに関する4大ストーリー(後編)

フライト、リー・ジャンセンとホーガン、あるいはデビッド・トムスとテーラーメイドの例を覚えているだろうか? クラブの自由契約は今後、より一般的になって行くだろう。選手たちとクラブメーカーは、価値あるレッスン…
2012/04/09マスターズ

B.ワトソン、プレーオフの末に涙の初メジャー

決めるとグリーン上で熱い涙が溢れた。 3位タイには、リー・ウェストウッド(イングランド)、マット・クーチャー、ピーター・ハンソン(スウェーデン)、フィル・ミケルソンの4人が続いている。 2年連続のロー…
2017/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」の大会アラカルト

きた。 この大会で最後にタイトル防衛に成功したのは、ザ・Kクラブで開催された1999年と2000年大会を連覇したリー・ウェストウッドである。 ■フィールド 今回は世界26位のパトリック・リードが
2020/10/08ヨーロピアンツアー公式

「BMW PGA選手権」で知っておくべき5つのこと

」に続く、2週連続開催となる。 今季「ロレックスシリーズ」初戦となった1月の「アブダビHSBC選手権」は、かつての世界ナンバーワンであるリー・ウェストウッドが制覇しており、今季「ロレックスシリーズ」第…
2014/08/01ヨーロピアンツアー公式

ローズとシュワルツェルが首位のレイシュマンに肉薄

・ファウラーは、終盤にスコアを3つ伸ばし、3アンダー。カナダのグラハム・デラエに並んだ。 パトリック・リードは11番からの3連続などバーディを6つ奪って、一時は首位に立ったが、終盤の6ホールでボギーを2つたたき
2014/10/06PGAコラム

「フライズドットコムオープン」アラカルト

。 出場選手: ディフェンディングチャンピオンのジミー・ウォーカーに加え、先日の「ライダーカップ」に出場した4名(米国選抜のマット・クーチャー、ハンター・メイハン、パトリック・リード、そして欧州からリー
2015/09/22ツアー選手権byコカ・コーラ

10ミリオンドルを懸けた最終決戦!松山戴冠の可能性は?

・スピース、リッキー・ファウラー、ヘンリック・ステンソン、バッバ・ワトソン、ザック・ジョンソン、ダスティン・ジョンソン、チャーリー・ホフマン、ダニエル・バーガー、パトリック・リード、ロリー…
2019/03/26WGCデルマッチプレー

松山英樹は世界1位と激突 ウッズ、小平智出場のマッチプレー

。 タイガー・ウッズはアリゾナ州で行われていた2013年大会以来の参戦。パトリック・カントレー、ブラント・スネデカー、アーロン・ワイズという米国勢がそろった組からまずは決勝トーナメント進出を目論む。大会…
2014/09/27PGAコラム

主将ワトソン スピース&リードを起用しない采配に批判も

最高のパフォーマンスを披露した「ライダーカップ」初出場のジョーダン・スピースとパトリック・リードは、午後のフォアサムマッチプレー(2人が同じボールを交互に打つ)に出場するため、PGA センテナリーコース…
2014/10/18ヨーロピアンツアー公式

リードがドナルドソンを退けベスト8進出

パトリック・リードが先月の「ライダーカップ」で欧州代表のヒーローとなったジェイミー・ドナルドソンを「ボルボ世界マッチプレー選手権」からの敗退に追いやり、その「ライダーカップ」のちょっとしたリベンジを
2014/10/16ヨーロピアンツアー公式

ジェイディーとマクドウェルが好発進

すばらしいプレーができたよ」 「ライダーカップ」米国代表のスター選手であるパトリック・リードは、デビューを飾ったライダーカップでは無敗を誇ったが、スウェーデンのヨナス・ブリクストとの初戦に2&1で敗れた