2021/02/09AT&Tペブルビーチプロアマ

伝統の“プロアマ”をプロだけで ペブルビーチに小平智が登場

依然として深刻で無観客で行われる。 ニックテイラー(カナダ)が初日から首位を走る完全優勝を飾った前年は、大会通算5勝、当時49歳のフィル・ミケルソンが連覇を逃して3位に終わった試合でもあった。比較的
2021/01/23ザ・アメリカンエキスプレス

イム・ソンジェが単独首位に浮上 小平智は予選落ち

コース(NT)を回ったトニー・フィナウ、アブラム・アンセル(メキシコ)、キム・シウー(韓国)、SCのニックテイラー(カナダ)、初日首位のブランドン・ハギーと、5人が1打差2位で並んだ。 初日「73」と
2021/01/22中古ギア情報

米ツアー2021年初戦を制した17年モデルのドライバー

ができる。 「AT&Tペブルビーチプロアマ」で勝利したニックテイラーは、「テーラーメイド M2 ドライバー(2017)」を使用。このドライバーは、マシュー・フィッツパトリックも2020年シーズン中盤
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

欠場 パン・チェンツェン(初出場) J.T.ポストン(初出場) キャメロン・スミス ニックテイラー(初出場) ブレンドン・トッド マシュー・ウルフ(初出場) 17.前年のザ・ツアー選手権の出場資格獲得
2020/08/09全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロ」組み合わせ&スタート時刻

スティーブ・ストリッカー ブライアン・スチュアード ケン・タニガワ ニックテイラー ジャスティン・トーマス マイケル・トンプソン ブレンドン・トッド キャメロン・トリンガーリ エリック・ファンローエン
2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

ブレンダン・スティール ヘンリック・ステンソン セップ・ストラカ ケビン・ストリールマン スティーブ・ストリッカー ブライアン・スチュアード ケン・タニガワ ニックテイラー ボーン・テーラー
2020/07/10ワークデイ・チャリティオープン

松山英樹が新規大会で2打差3位発進 首位にモリカワ

による事前のパワーランキング(優勝予想)で1位に挙がっていた松山英樹は、1イーグル5バーディ、1ダブルボギーの「67」。ザック・ジョンソン、アーロン・ワイズ、ニックテイラー(カナダ)と並び、5アンダー
2020/04/08マスターズ

11月の「マスターズ」出場96選手決定 4人が世界ランクで滑り込み

)、ビクトル・ペレス(フランス)、J.T.ポストン、アンドリュー・パットナム、スコッティ・シェフラー、※ジェームス・サグルー(アイルランド)、ニックテイラー(カナダ)、エリック・ファンローエン(南アフリカ)、マシュー・ウル…
2020/02/10AT&Tペブルビーチプロアマ

5季ぶりVのニック・テイラー 秘めた一発の爆発力と粘り強さ

から首位をキープしていたニックテイラー(カナダ)は、最終日に前年覇者のフィル・ミケルソンと初めて同組となった。 前夜、テイラーはミケルソンの3日目のハイライト映像を見ていたという。「どうやってあの
2020/02/10AT&Tペブルビーチプロアマ

復調のフィル・ミケルソン 驚異の30シーズン連続トップ10入り

。「優勝はできなかったけど、ニックテイラー)がもっと良いプレーをしたということ」と、惜敗にも悔しさは見せなかった。 この3位フィニッシュにより、30シーズン連続でトップ10入りを果たした。これは
2020/02/09AT&Tペブルビーチプロアマ

ミケルソン連覇へ1打差2位 小平は予選落ち

(MT、6958yd/パー71=すべてカリフォルニア州) 初日から首位を守るニックテイラー(カナダ)が、この日もスパイグラスヒルを「69」で回って通算17アンダーとして首位を守った。だが、1打差の2
2020/02/08AT&Tペブルビーチプロアマ

ジェイソン・デイが2位浮上 小平智は苦戦

(MT、6958yd/パー71=すべてカリフォルニア州) 8アンダーで首位発進したニックテイラー(カナダ)がペブルビーチ(PB)を回った2日目も、7バーディ、1ボギーの6アンダー「66」とスコアを
2020/02/07AT&Tペブルビーチプロアマ

前年覇者のミケルソン12位発進 小平智は出遅れ

/パー71=すべてカリフォルニア州) ニックテイラー(カナダ)がモントレーペニンシュラCC(MP)で1イーグル6バーディの「63」をマークし、8アンダーとして単独首位で発進した。 2打差の6アンダー
2019/10/05シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

カントレーら4人が首位 松山35位 小平は予選落ち

だ。 通算11アンダーの5位にマット・ジョーンズ(オーストラリア)、通算10アンダーの6位に、首位で出たニックテイラー(カナダ)ら5人が続いた。 松山英樹は4バーディ、ノーボギーの「67」で通算7