2002/02/27ジェニュイティ選手権

4年ぶりに出場するT.ウッズが優勝を狙う!

屋有利とも言われているのだが、今だに117個のバンカーが口を開けて待っている。昨シーズンも3月に入り本調子を取り戻したウッズが、そろそろ優勝するか注目が集まる。 昨年はJ.デュラントが最終日の65を
2015/05/04インスペリティインビテーショナル

ウーズナムがプレーオフ制す ツアー初勝利

・レーマンの3人によるプレーオフに突入。1ホール目で、唯一バーディを奪ったウーズナムがツアー初勝利を飾った。 首位から出たマイケル・アレンはスコアを伸ばせず、ジョーデュラントと並んで4位に終わった
2002/01/17ボブホープ・クライスラークラシック

ミケルソンが好スコア、今年もバーディラッシュになる気配

なっている。 毎年バーディラッシュになり、好スコアが続出。昨年はJ.デュラントが36アンダーという驚異的なアンダーパーで優勝している。そして今年も、初日から各選手スコアを伸ばしてきた。 首位に立ったのは
2002/05/10ベライゾン・バイロンネルソン クラシック

T.ウッズが首位と8打差1オーバー96位と大きく出遅れた

のはコットンウッドをラウンドしたJ.デュラントと、フォーシーズンのB.モルダーの2人が7アンダーをマークした。そして3位以下も両コースをラウンドした選手が半分半分という割合で上位を占めた。2コースの
2002/03/27シェル・ヒューストンオープン

片山晋呉に加えマンデー突破の中村龍明も出場、日本勢は5名

吹き最終組のL.ジャンセン、J.デュラントがスコアを落とし、単独3位からスタートしたH.サットンが逆転優勝。日本勢では丸山茂樹が最終日にスコアを伸ばし22位に入る健闘をみせた。 その丸山は、先週の
2016/06/13コンステレーション・シニアプレイヤーズ選手権

ランガーが大会3連覇 今季メジャー2勝目を飾る

、大会3連覇を飾った。5月に行われたメジャー初戦の「リージョンズトラディション」に続く今季メジャー2勝目。 首位と1打差、通算2オーバー2位にはミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)、ジョーデュラント
2001/04/23シェル・ヒューストンオープン

42歳のH.サットンが3位から逆転でツアー12勝目。

シェルヒューストンオープンの最終日。初日から首位を争うJ.デュラント、L.ジャンセンに後続がどう絡むかが期待された。この大会は昨年を含み過去にプレーオフになる確率が高く、混戦が予想されていた。 2日
2002/01/16ボブホープ・クライスラークラシック

5日間の変則競技、ボブ・ホープ クラシックが開幕

スコアでJ.デュラントが優勝したが、今年も壮絶なバーディ合戦が見られそうだ。 そして、この大会にはP.ミケルソンが昨年8月以来久しぶりに出場する。昨年の前半に2勝したミケルソンだが、マスターズ、全米プロ
2014/07/27RBCカナディアンオープン

フューリックが4シーズンぶり通算17勝目に王手

はグラハム・デラエが、ジョーデュラント、スコット・ブラウン、ティム・ペトロビックらと並び、通算8アンダーの5位タイ。そのほか昨年覇者のブラント・スネデカーが通算5アンダーと伸ばし、37位から14位に大きく順位を上げた。 今…
2014/07/04ザ・グリーンブライアークラシック

J.ブリクストが連覇に向けて単独首位発進

発揮した。 5アンダー2位はジェイソン・ボーン、ジョーデュラント、D.A.ポイントら7選手が集団を形成。4アンダー10位にはスティーブ・ストリッカー、ケビン・ナ、ベ・サンムン(韓国)ら8選手と、2位
2014/07/06ザ・グリーンブライアークラシック

ハーレーIIIが首位キープ 2打差にカブレラが急浮上

・トンプソンとキャメロン・トリンゲール、チャンピオンズツアーでも活躍を続けるジョーデュラントら7選手が集団を形成している。 5アンダー、8位から出たバッバ・ワトソンは、スコアを1つしか伸ばせず、通算6アンダーの12位タイに…
2010/02/19マヤコバゴルフクラシック

丸山茂樹が首位と2打差の6位タイスタート!!

後半に入ると、1番、3番のバーディに続き、5番からは3連続バーディを奪取。一気にスコアを伸ばし上位に浮上してきた。 首位は7アンダーのジョーデュラント。1打差の6アンダー2位にはキャメロン
2015/10/11SAS選手権

ケニー・ペリーが首位浮上 ランガーは2差3位に後退

伸ばし、通算8アンダーで首位に躍り出た。今季2勝目を懸け、最終日を迎える。 ジョーデュラントは6バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、1打差の通算7アンダーとして2位に浮上。初日首位に立っていた賞金