最近のニュース 新着一覧≫


2021/09/21エリートグリップチャレンジ(中止)

男子下部「エリートグリップチャレンジ」は中止

国内男子下部Abema TVツアー「エリートグリップチャレンジ」について、日本ゴルフツアー機構(JGTO)は21日、中止を決定したと発表した。 大会は当初、9月1日から兵庫県のゴールデンバレーGCで…
2021/04/13topics

手のサイズに合わせたグリップの選び方

本格的なゴルフシーズン到来に向けて、調整がおろそかになりがちなグリップについて考察するシリーズの最終回。手の大きさを基準にしたグリップサイズの選び方を、ツアープロコーチの堀尾研仁氏が紹介する…
2021/11/29PGAツアーオリジナル

「ザ・マッチ」 ケプカとデシャンボーの使用ギアは?

ゴールド ツアーイッシュー S400 パター: スコッティキャメロン T10 セレクト ニューポート2プロトタイプ ボール: スリクソン Zスター プロトタイプ グリップ: ゴルフプライド ツアーベルベット コード…
2021/03/30topics

デシャンボーの極太グリップは試す価値アリ?

冬の寒さは日増しに和らぎ、いよいよ本格的なゴルフシーズンが到来した。ラウンドに備えてクラブやシャフトを調整するのも大事だけれど、見落としがちなのがグリップのサイズだ。ツアープロは時間をかけて最適な太…
2021/09/19PGAツアーオリジナル

ミケルソンが長めのアームロックパターを使用

プロトタイプは、彼が長年使用したオデッセイPMブレードに似た形状をしており、ストロークでのローテーションを少なくする造りになっている。 今週、ミケルソンはパターにロフトを加え、さらにより長いグリップと…
2016/06/15今さら聞けないスイングの基礎

NGなグリップがなんと8割!アマチュアのグリップ調査白書

スイングを直していくにあたり、まずグリップから改善してみよう 2013年のPGAティーチングプロアワード最優秀賞に輝き、これまで数多くのアマチュアをレッスンしてきた岩垣貴栄プロいわく、正しいスイング…
2021/06/08PGAツアーオリジナル

コリン・モリカワの新パター導入秘話

マレットタイプパターを、マーク・オメーラから学んだ“Saw”グリップで使用してきたが、グリーンでの運気を向上させるべく、使用パターをブレードスタイルのパターに戻した。彼は大学卒業時にはブレードスタイルを使用して…
2021/11/05TOTOジャパンクラシック

指2本分の「勇気」 2019年覇者の鈴木愛が4位発進

た良いショットができた。特にウェッジの距離感がすごく良くて、パー5、パー3でバーディチャンスが多かった」 ここ1カ月、ショットを打つ際のグリップを「指2本分くらい、ちょっと頑張ってフックに」握るよう…
2021/08/29topics

《2021年》自宅で使えるゴルフ練習アイテム5選

役立つアイテムを5つ紹介する。外出の自粛期間中に、ぜひ自宅で腕を磨いてほしい。 1)テレビを見ながら基本のグリップを習得 ダイヤゴルフ モデルグリップ401 永久シード選手、杉原輝雄のグリップをモデル…
2021/04/28PGAツアーオリジナル

テーラーメイドと契約 モリカワとウルフの使用ギア比較

ている。 チーム戦で同じモデルのボールを使用することは、各ゴルファーが飛距離の調整やグリーン周りのパフォーマンスの調整をしなくて良いことを意味する。 ■グリップ モリカワ:ゴルフプライド Zグリップ
2019/08/01サイエンスフィット レッスン

球筋を安定させるためのナチュラルグリップ(後編)

自分にとって、もっとも自然なグリップにするというのが今回のテーマです。前回、お話したとおり、ナチュラルグリップは、人それぞれに異なります。球がつかまり過ぎたり、あるいは、つかまらなかったりする…