2019/07/11GDOEYE

大学出身の新人たちが米ツアーで輝く理由を探る

1位のキャメロンチャンプに次いで2位。松山英樹の平均初速が51位ということを考えれば、他の3人も優れた飛距離能力を秘めていると言えるだろう。 選手名/ボール初速/ヘッドスピード M.ウルフ
2019/05/26topics

G25からG410まで歴代ピンGシリーズを一気試打

“やさしさ”を求めるようになり、いまではPGAツアーのバッバ・ワトソンやキャメロンチャンプら、飛ばし屋たちもGシリーズで実績を作ったことで、人気に火がついたと言えます」 ターゲット層をさらに広げた
2019/02/13ジェネシスオープン

西海岸シリーズ最終戦にウッズ登場 松山英樹&小平智が出場

キャメロンチャンプや昨年2位に入ったトニー・フィナウ、今季初勝利を狙うロリー・マキロイ(北アイルランド)らに注目だ。 自身の基金が大会運営に携わるウッズは今季2試合目の出場となる。今週月曜日に完了した「AT
2019/01/04セントリートーナメントofチャンピオンズ

小平智は飛ばし屋に80yd離されるも「悪いときとは違う」

フェアウェイキープ率は、全体7位の86.76%を記録した。 同組で今季平均飛距離1位(328.2yd)の飛ばし屋、キャメロンチャンプには第1打で数十yd先にいかれた。チャンプの第1打が下り傾斜を転がった後半
2017/06/17ヨーロピアンツアー公式

輝きを放つフリートウッド 4人が並ぶ首位タイで折り返す

連続ボギーが響き、首位と1打差の5位タイに後退した。 この日の最少スコアは松山英樹がマーク。7バーディ、ノーボギーの「65」で2日目を回った松山は、アマチュアのキャメロンチャンプとともに通算5アンダー
2019/01/03セントリートーナメントofチャンピオンズ

小平智はカパルアで19年初戦へ「きちんと戦える基盤を」

」。 328.2ydで今季平均飛距離1位キャメロンチャンプと2サムの初日は、「マン飛びなんでね。見ないようにしますよ」。今年の目標を早く2勝目を挙げたいしながら、「米ツアーにしっかり馴染んで、きちんと戦える基盤を作りたい」と口にした。(ハワイ州カパルア/林洋平)
2019/01/02セントリートーナメントofチャンピオンズ

小平智の米ツアー19年初戦 昨年優勝者34人が出場

国内ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で優勝しており、好調を維持し、328.2ydで今季平均飛距離1位キャメロンチャンプと同組の初日に向かいたい。 17年大会王者のジャスティン・トーマス
2019/01/05セントリートーナメントofチャンピオンズ

ウッドランド首位 デシャンボー、マキロイら2位 小平智は最下位

人が並んだ。通算8アンダーの5位にマーク・レイシュマン(オーストラリア)。通算7アンダーの6位にジャスティン・トーマス、キャメロンチャンプ、ザンダー・シャウフェレが続いた。 昨年覇者のダスティン
2019/01/04セントリートーナメントofチャンピオンズ

【速報】米ツアー2019年の初戦が開幕 小平智は3オーバーで後半へ

開幕。フィールドの先陣を切って午前10時にスタートした小平智は、前半アウトで1ボギー、1ダブルボギーと3つ落とし、3オーバーで後半へ折り返した。 大会初出場の小平はキャメロンチャンプとの2サムでプレー
2018/11/08マヤコバゴルフクラシック

舞台はメキシコ ファウラー&スピースが出場

を通してドライビングディスタンス1位(353.2yd)を記録した“飛ばし屋”キャメロンチャンプ、大会初出場となるジョーダン・スピースにも注目だ。
2018/11/19ザ・RSMクラシック

ハウエルIIIが11年ぶり勝利 チャンプは6位

・ブロームとルーク・リストが続いた。首位と1打差の2位から出たキャメロンチャンプは「69」にとどまり、通算16アンダーの6位に終わった。
2018/11/12マヤコバゴルフクラシック

クーチャーが4年半ぶりの勝利 ツアー通算8勝目

)。通算19アンダーの3位にJ.J.スポーンとリッチー・ウェレンスキが続いた。 2週前の「サンダーソンファームズ選手権」で初優勝を挙げたキャメロンチャンプは通算16アンダーの10位。リッキー・ファウラーは通算14アンダーの16位。前年覇者のパットン・キザイアは通算6アンダーの55位で終えた。
2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

ディングキャメロン・スミス 1 9:05 22:05 マシュー・フィッツパトリックルーカス・ハーバート 1 9:15 22:15 ポール・ケーシーフィル・ミケルソン 1 9:25 22:25 キャメロン
2018/11/16ザ・RSMクラシック

前年覇者クックが2打差2位 任成宰、チャンプら上位

人が5アンダーの4位で並んだ。上位6人はPLでプレーした。 かつて日本ツアーでプレーし、昨季米下部ツアーの賞金ランキングトップになった任成宰(韓国)はPLを「68」で回り、4アンダーでキャメロンチャンプらと7位につけた。
2018/11/17ザ・RSMクラシック

ハウエルIIIが首位キープ チャンプとゴアが2位浮上

」と伸ばしたジェイソン・ゴアとキャメロンチャンプ。いずれも上り4ホールを連続バーディで締めるスパートをかけて7位から浮上した。 通算9アンダーの4位に、プランテーションコース(PL)で「64」とした