ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

イングリッシュ単独首位 松山英樹は“最下位”42位から巻き返しへ

◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 2日目(8日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

昨年9月に開幕した2020―21年シーズンのリスタートとなる新年初戦は、トップタイから出たハリス・イングリッシュが通算14アンダーで単独首位に浮上して大会を折り返した。

<< 下に続く >>

前年のツアー優勝者に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年に限って出場資格を付与された昨季最終戦「ツアー選手権」進出者として6年ぶり2度目の参戦。ボギーなしの6バーディ「67」をマークした。

イングリッシュとともに首位タイスタートの前年覇者ジャスティン・トーマスダニエル・バーガーコリン・モリカワライアン・パーマーと並ぶ2打差2位に一歩後退。さらに1打差の通算11アンダー6位にザンダー・シャウフェレパトリック・リードといった歴代チャンピオンを含めた4人がひしめく混戦となっている。

世界ランキング1位、年間ポイントレースのフェデックスカップでも先頭を走るダスティン・ジョンソンが「65」を出して通算10アンダー。30位からジョン・ラーム(スペイン)、ブライソン・デシャンボーらと並ぶ10位まで一気に順位を上げた。

3年ぶりに出場の松山英樹は1バーディ、3ボギーとフィールド42選手の中でこの日唯一オーバーパーとなる「75」。通算2オーバー42位と最後尾から週末の巻き返しが求められる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!