ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

1996年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/08〜08/11 バルハラGC(ケンタッキー州)

トップはミケルソン。東、中島は決勝へ。

1996/08/10 09:00

雷雨による中断というハプニングの後を受けた2日目、1アンダーペースだった尾崎将司は早朝のサスペンデットゲームの波に乗りきれず、第1ラウンドを3オーバとしてしまった。
続いての第2ラウンド、ジャンボは79。無残な予選落ちとなった。また弟の直道も2日目調子を取り戻せず、やはり予選カット。日本からの出場選手では東聡と中島常幸の2日が決勝に進んだ。

2日目を終わって首位を走るのはフィル・ミケルソン(67・67)。2位に3打差をつけての、一応は独走態勢だが、もちろんタフなバルハラGC、先はまだまだわからない。鳴り物入りでプロとなった大器ミケルソンにとっては、メジャー制覇の絶好のチャンスであることは確か。ちなみにニック・プライスは5アンダーの6位タイ。メジャー悲願のグレッグ・ノーマン、復調トム・ワトソンも4アンダーの8位タイにつけている。

<日本選手の結果>
選手名/スコア/順位/初日-2日目(計)
東 聡 0 /45T/72-72(144)
中島常幸 +1/60T/73-72(145)
-------------カットライン +1 まで---------------
尾崎直道 +7 /-/75-76(151)
尾崎将司 +10/-/75-79(154)

関連リンク

1996年 全米プロゴルフ選手権

  • 1996/08/08~1996/08/11
  • 賞金総額:2,400,000US$
  • バルハラGC(ケンタッキー州)



特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~